西宮市 洗面化粧台に建具を製作し、納めてきました。

洗面1
今回の製作した建具は、洗面化粧台の下部のキャビネットに取り付けする建具です。
下部のキャビネットは大工さんが製作し、そのあとに当社が製作した建具を取り付け、完成させました。
洗面2
洗面カウンターの下部は両サイドはパネル式、中央は帆立式です。
建具を製作する前に、パネルの厚みや帆立の寸法を細かく採寸し、建具の製作図面を作ります。
洗面3
今回の丁番は家具用のスライド丁番を使用しました。
スライド丁番には、建具が側板に被さる寸法がいろいろあります。丁番を選びながら建具のサイズを決めます。
今回は扉の幅を均一にそろえるため、最初に設計図を書き、中央の帆立材の位置出しをして、監督に伝えました。
洗面4
事前に打ち合わせした通りにパネルと、帆立の位置が出てましたので、ぴったり取り付け出来ました。
このように、別々に製作する場合は、事前にお問い合わせいただくと、設計図を書いてピッタリ納まるように考えます。
洗面5
建具の上部は船底型でカウンターの下部に指先を掛けて空けるような扉のデザインです。
つまみや取っ手などの飛出しが無いので全体的にスッキリとした洗面化粧台になりました。
すべてオーダーメイドなので扉の色や形状は自由にお選びいただけます。お気軽にご相談ください。