吹田市 分譲マンションのスチール折戸の動きの不具合の為現場調査にお伺いしてきました。

折戸1
今回のご依頼はマンションの廊下に作り付けられた、スチール製の収納折戸の不具合で、現場調査にお伺いしてきました。現状の折戸は、右側の部品が破損しており、閉じられない状態です。
スチール特有の開閉音もうるさくなってきたとのことです。
出来れば、木製の折戸に作り直ししてほしいとのことです。
折戸3
木製の折戸に作り替えになる為、全体の寸法を測っていきます。
上部のレールとかも新しくしなければいけませんので、現状のレールの寸法も測っていきます。
折戸3
内部の間仕切り壁の隙間も慎重に測ります。新しく作った折戸が内部の壁にあたる恐れがあるからです。
折戸は戸の厚みが回転する隙間が必要になるからです。
折戸5
下部のレールの幅と高さ、長さなども細かく測ります。
後で測り忘れが無いように、なるべく細かく採寸して帰ります。
折戸2
色の確認も重要で、木製建具の素材はポリ合板の単色系の予定ですので、現状のペンキ仕上げとは異なる色になりますので、お客様には、近似色で製作することをお伝えし、後日サンプルをお届けすることにしました。