豊中市 ケアハウスの室内用木製建具、各所納めてきました。

老健1
写真の左はお風呂場に入る建具で、廊下から脱衣所に入る建具です。右側はトイレの引戸です。
窓は小窓でスリガラス調の樹脂せいの窓です。
老健2
風呂場の暖簾は、お風呂の表示がはっきりと解るようにのれんが後日付けられてました。
老健3
この部屋はリネン室と洗濯室のドアです。基本的に職員の出入りが多い部屋も大きな窓を付けた建具にします。
高齢者の多い施設には不慮の事故防止の為の配慮です。当然この窓の素材も透明のアクリル板製です。
施錠もしっかりできるのと、複雑なキープランの打ち合わせを綿密にします。
職員の使用とご利用者の鍵などの打ち合わせなどです。
老健4
写真は、通気の為のガラリ部材です。樹脂製山形ガラリに扉と同じ柄の木目フィルムを張ってます。
ガラリには片流れと山形があり、この写真の山形は両面同じ形状をしてます。片流れの場合裏面から足元が少し見える為、取付け方向に気をつけなければいけません。
このタイプのガラリはガラリ1本、1本木目フィルムを張ってから組み立てしますので、少し納期の余裕が必要です。