西宮市 キッチンの背面にブラウン系の背面収納建具を収めてきました。

キッチンの背面1
今回は、キッチンの背面にブラウン系の3枚引違い収納を収めてきました。このフロアは2階で、搬入が階段からはできないため、2階のベランダからロープで吊り上げました。
最近のキッチンは2階が多く、現地調査にお伺いしたときは、搬入経路の確認が必要です。
キッチンの背面2
下部のフロアレールは、3本溝のアルミフロアレールを使用しました。左の扉は壁の手間にかぶるような納まり方になります。この場合、フロアレールを欠きこみ、手前の建具が左に脱線しないように、グレーゴムの戸当たりをつけます。


ガイド1
写真は、ガイド用の金具を取り付けていきます。
建具の前後の揺れを抑える役割で、引戸の鴨居溝の役割をします。下部のフロアレールの溝と平行になるように慎重に中心を合わせてから固定します。
キッチンの背面3
上下の金具の取り付けが終わると、建具の下部の戸車の調整ビスを回し、建付け調整をします。
走行テストを何度も繰り返して取り付けを完了します。
キッチンの背面4
ブラウン系のメラミン化粧板の建具の全景です。シックな色合いのキッチンの背面収納が完成しました。
今回のメラミン化粧板は表面にエンボス加工で凹凸加工があり、ダウンライトや反射が少ないタイプです。
メラミン化粧板の種類は豊富にありデザインの選択肢は広く、多くの設計者やデザイナーに好まれている素材です。