スチールドア取替、カバー工法お勧めしました。

スチールドア①
既存スチールドアです。本体の腐食して、鍵も掛らない状態です。
スチールドア②
既存の枠です。ドアの戸先部が枠に擦って戸締りが出来ない状態でした。
スチールドア②
今回 カバー工法をご提案しました。既存ドア枠の上に、外部からのみ新しい枠をかぶせて取付します。既存開口より3センチ程狭くなりますが、壁を壊す事もないので、取付時間を短縮出来、改修費用の負担も軽減出来ます。