豊中市にて外部の軒天部分に木目調の軒天を張りました。プチリフォームでお家を快適空間に!

parts_114
豊中市軒天工事2
豊中市のお客様からご自宅の庭側の軒天部分に、意匠を考えて木目調の軒天を張りたいとのご依頼をいただきました。元々とてもキレイでオシャレな素敵なお家でしたが、1階の庭側の軒天部分が白色だったのが、唯一お客様が木目調にしたいと思われていたそうです。
parts_123
parts_116
豊中市軒天工事1
今回の軒天の材料は、お客様のご指定で商品は、ニチハ(株)の軒天12木目調YL141ティンバーベージュを使用しました。これでトータルコーディネイトが完成しました。
豊中市軒天工事3
お客様が気になっていたという従来の軒天部分。普通はこんな感じなのですが、家のデザインのバランスを考えて、木目帳にしたいと思われていたそうです。
豊中市軒天工事4
そこで現在の軒天の上から木目調の軒天材を張ることにしました。まずは、換気口や雨樋を一旦撤去します。
豊中市軒天工事5
従来の軒天の下地を確認するために、一度部分的に軒天を撤去し、中を確認しました。
豊中市軒天工事6
ニチハの軒天12は、外壁のサイディングと同じく窯業系の商品です。寸法に合わせて切断していきます。
豊中市軒天工事7
新しい軒天の材料に換気口や雨樋の穴を開け、軒天部分に張っていきます。
豊中市軒天工事8
軒天を張ったら、換気口や雨樋を再度固定します。
豊中市軒天工事9
木目調の軒天材を張ると家に高級感が出て来ます。外壁の色ともとてもよくマッチしています。
豊中市軒天工事10
長さ約10mの軒天部分にすべて張り上がりました。庭の緑ともよく合いますし、不思議なことに、家のグレードがワンランク上がったように見えます。皆さんも、ちょっとしたプチリフォームで毎日過ごすお家をより快適にしませんか?