吹田市 アルミ製片引き伸縮ゲートの取替施工例です。

伸縮ゲート取替 (1)
既存の片引きアルミ伸縮ゲートの格子部が数カ所破損し、開閉しずらい状態でした。今回、既存のゲートの高さが1M程しかないので、もう少し高い商品で取替をしてほしいとのご相談でした。今回、LIXIL製伸縮ゲートアルシャインⅡの高さ1.2Mの商品をオススメしました所、ご納得頂きご契約頂きました。最初に既存の伸縮ゲート本体を取り外し、次に既存の左右の柱の根元をハツリ機を使用し掘削し、柱本体を取り除きます。
伸縮ゲート取替 (2)
施工中① 既存の柱を取り除いた穴に新設伸縮ゲート用柱を設置し、高さ、垂直を計測しモルタル詰めをして固定します。左は外観右側戸先部の柱設置完了写真です。
伸縮ゲート取替 (3)
施工中② 同じように吊元側の柱も、高さ、垂直を計測しモルタル詰めします。
伸縮ゲート取替 (4)
施工中③ 吊元側の柱の固定が完了しましたら、伸縮ゲート本体を吊り込みます。伸縮ゲート全閉時の写真です。タタミ幅は45センチほどになります。
伸縮ゲート取替 (5)
施工後 伸縮ゲート全閉時の写真です。この商品は強風にも安心な、ロング落とし棒を標準装備。操作位置が高く、楽な姿勢で操作出来ます。また、両面シリンダー錠を採用して、セキュリテイに配慮しています。鍵はディンプルシリンダーキーです。今回の商品色はオータムブラウン色ですが、他にブロンズ、ホワイト、マイルドブラック、シャイングレーも有ります。高さも1M・1.2M・1.4Mの3種類から選択可能です。