ガラスの熱割れってなんで起こるのでしょうか。

日射に関するお悩み
ガラスの熱割れってなんで起こるのでしょうか。


熱割れ
窓ガラスの日射が直接当たってしまう部分は、吸熱し高温になり膨張します。一方、ガラスの周辺部は、サッシに呑み込まれているため日射を受けず、またサッシや躯体への放熱もあって、低温のままで膨張しません。このため、高温部の熱膨張を周辺部が拘束する状態になります。これをガラス内部の状態でいうと、ガラスの周辺部に引っ張る力が発生しているといえます。この引っ張る力は、日射が直接当たる部分と周辺部の温度差に比例し、ガラスの強度を超える力が発生すると、ガラスが熱割れを起こしてしまいます。

対策としては、日射が直接当たらないように「ひさし」や「簾」を取付ける。遮光カーテンを取り替え、窓まわりに熱がたまらないようにするなどが挙げられます。ただ、物理現象のため、完全に防ぐことは現状では極めて困難です。

現場状況によってもかわりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。