大雨のとき、窓を閉め切っていても水が入る!故障ですか?

花粉&雨に関するお悩み
大雨のとき、窓を閉め切っていても水が入る!故障ですか?

故障ではありません。


大雨が降ったとき、窓の下枠に水が溜まるのは、溜まった水の重さで雨水が室内に侵入するのを予防したり、排水するための構造によるものです。

窓の下枠に水が溜まるのは窓の機能として正常に働いている証拠なのです。
雨が降ると雨水はサッシの枠や内部を通り下枠に流れて溜まっていきます。溜まった雨水の重さを利用して外部から浸入してくる水を押し返しながら徐々に排水されていくのです。これを水頭方式といいます。


製品の性能を超えた暴風雨が起こらない限り、溜まった雨水があふれたりすることはありません。

雨が止んだあとに下枠に残った水は自然にかわきます。