玄関ドアが白く変色しているんですが・・・

メンテナンスに関するお悩み
玄関ドアが白く変色しているんですが・・・

原因は経年劣化です。

玄関ドアの面材が白くなってきてしまう現象を「チョーキング現象」といいます。

樹脂製品は耐候性に優れた性能をもっていますが、雨、風や直射日光の影響で徐々に劣化してしまいます。

樹脂製品の場合、取付直後の色合いが時間が経つとともに、褪せたり、艶がなくなったり、ヒビがはいるなどの症状が現れます。
こうして面材の表面が劣化し、白い粉状になってくるのです。

こうした症状が現れ始めるのは、取付した環境やお手入れの頻度によって異なります。

玄関ドアのチョーキング現象が気になるという方は、玄関ドアのお取替えをご検討されてみてもいいかもしれません。
玄関リフォーム
玄関見積