窓などの開口部が耐震上弱点になると聞いた事があります。本当ですか?

断熱に関するお悩み
窓などの開口部が耐震上弱点になると聞いた事があります。本当ですか?
耐震
窓など開口部が多いと、耐震上弱点になります。その理由としては、壁の中の柱と柱の間には、筋交いや構造用合板とよばれる補強材が入っています。開口部が多いと壁が減り、筋交いなどの数も減ってしまいます。その為、構造上地震に弱い住宅になってしまいます。。

従来の耐震補強工事では、窓を小さくする事が一般的でした。それでは、日光が部屋に入らない、換気が出来ないなど不便な点も多いと思います。そこで当社がおすすめするのが、YKKAP 耐震補強フレーム 「フレームプラス」です。

YKKAP 耐震補強フレーム FRAME+(フレームプラス)

フレームプラス
窓などの開口部は、耐震上の弱点。だからといって耐震リフォームで窓を小さくしてしまうのはとても残念なことです。「フレームプラス」は、大切な窓をそのままに地震から家族を守ってくれます。
フレームプラス
地震によって住宅が倒壊するのを防ぐには、有効な部材を組合せて、バランスよく配置し、住宅全体の耐震性能を向上させることが重要です。フレームプラスは、補強部位としては、1階の開口部の補強に最も適しています。

開口部の耐震でお悩みの際は、是非当社までお問い合わせください。


フレームプラス
窓などの開口部は、耐震上の弱点。だからといって耐震リフォームで窓を小さくしてしまうのはとても残念なことです。「フレームプラス」は、大切な窓をそのままに地震から家族を守ってくれます。