結露による害について教えてください。

断熱に関するお悩み
結露による害について教えてください。
まず、結露はカビの原因となります。

最初に、結露がどうして起こるのかをご説明致します。

空気中には水蒸気などの水分が存在します。
温度が高ければ高いほど空気は水分を多く含むことが出来ます。
反対に温度が低ければ空気は水分を多く含むことが出来ません

空気中の水分の量が変わらないまま、室内の温度が低下すると
空気中の水分が”水”(液体)に変化します。これが結露の発生です。



結露,発生
結露による害については以下の点が挙げられます。
①壁や天井・床・カーテンなどにカビやシミが発生。
②ダニはカビと湿気を好む為、カビが生えたところから繁殖。
 このことが原因で人の体は、アトピーやぜんそくなどの症状が見られるようになる。
③人だけではなく、家を支える柱や土台などの木材を腐食させ、住まいにも害を与える。


結露は冬場だけに起こる現象ではありません。
夏でも「逆転結露」と呼ばれる結露が起こります。

この、逆転結露は外から壁の中に空気中の水蒸気が入り、
室内側の防湿層で冷やされることで水蒸気が水となる現象のことです。

季節関係なく、結露は発生しやすい温度と湿度の変化によって発生するものですので
油断は大敵ですね