格子戸(こうしど)

格子戸




格子戸は、たて(竪子)とよこ(貫)の木材を格子状に組んだ建具のことで、通風・採風に優れています。また、日本に平安時代から存在する建具で、多くの寺院等の建築物にも使われています。
種類も豊富で、マス格子・竪格子・横格子などの他にも様々なデザインが
あります。

現在では木製だけでなく、アルミ製の格子戸もあります。ガラスをはめ込んで玄関ドアに使用される場合もあるんですよ。


マス格子・・・たての木材(竪子)とよこの木材(貫)が等間隔で組まれ、きれいなマス目が扉全体に並んでいくものを「マス格子」と言います。隙間から光や風が通り抜けるだけでなく、等間隔で格子子が並んでいくことで強い強度を持つ扉になることも特徴の1つ

たて格子・・・たてにのみ木材が組まれたもので、足を掛けたりする横の貫がないので、防犯性が高いです。

よこ格子・・・よこに向かって木材を組まれたもの。水平方向に線が伸びていくことで、空間をより広く感じられる視覚効果があります。



実際取付した格子戸(こうしど)

ガラス格子戸
木製建具格子戸
木製玄関格子戸