フラッシュ戸

フラッシュ戸

骨組みに合板・ベニヤ板などを張って、表面を平らに仕上げたドアです。

住宅や店舗にもっともよくつかわれ、私たちの生活に欠かせないものです。明かり取り用の窓を作ったり、ガラスを入れたりと様々な形に作ることができます。



フラッシュと無垢材の違い

フラッシュ戸


フラッシュ戸は、木の芯材で外周を組み、真ん中には強度を出すための芯をいれ両面を合板やオレフィンシートなどを貼ります。建具の内部は空洞になるので、芯材のないところをたたくと軽い音がします。
明かり取り用の小窓をつけたり、ガラリと呼ばれる換気用の部材をはめこんだり、様々なデザインで製作することが可能です。

15ef3c0d79086527eb37d2d145d05cf1-e1524547098676


無垢材の一枚戸は一枚の木から作られています。内部が詰まっているので、フラッシュ戸よりも重量があります。たたいたとき、鈍い音がします。

へこみや傷ができた場合、鉋などで削ったりすることも可能です。




実際に取付したフラッシュ戸

フラッシュ突き板 建具
4枚折戸1
引戸
木製建具オーダー
幅広の木製フラシュ2枚引違い建具
取っ手2