コラム

texts

突然ですが、ここで問題です!!!

空き巣や侵入窃盗など・・・

家の中で1番侵入口として狙われている場所はどこだか分かりますか??

 

 

答えは・・・

侵入される侵入の経路で1番多く狙われているのが「窓」なんです!

 

 

何故「窓」が狙われるのかというと・・・?

上の図でガラス破りが半数以上を占めているように

  • 普通のガラスは簡単に破壊ができる
  • 大半がクレセントだけの1ロックなので手が入る穴が開いたら、侵入が簡単

だからだと言われています。

 

狙われやすい窓ですが、対策は何ができるのか。

 

防犯対策にオススメの窓ガラス

LIXILの『防犯合わせ複層ガラス』

最近はサッシメーカーのLIXILやYKKなども、防犯ガラスを取り扱っています。

今回はLIXILの『防犯合わせ複層ガラス』についてご紹介いたします。

 

断熱性能のある複層ガラスの室内側に特殊な中間膜を挟み込んだ合わせガラスが使用されています。

耐貫通性に優れ、侵入被害に多いこじ破りや打ち破り対策に有効で、紫外線もほぼ100%カットされます。

人への紫外線以外にも、カーテンや家具の色褪せなども気になりますが、

紫外線がほぼ100%カットとなると、非常に心強い味方です。

 

更に心強い味方がもう1つ!

↓のマークはCPマークと言って

官民合同会議によって「防犯建物部品目録」に公表記載された

「防犯建物物品」のみに用いられます。

CPマークが貼ってあると更に安心が得られます。