台風被害に遭われた窓と窓枠を新しく新調致しました。 大阪府 吹田市

サッシカバー工事

 本日ご紹介させていただくのは、一軒家の現場の、サッシカバー工事です。 カバー工法とは、既存の窓枠に新しい窓枠を設置するやりかたで、壁を壊すことなく取り付ける事ができます。  

 また壁を壊さないので、作業も一日で完了致します。

 


サッシカバー工事
 まず撤去しないといけない物を撤去していき、その後に既存の枠の上に下地部材を取り付けていきます。 
 ここで下地部材をしっかり取り付けておかないと、新しい枠を取り付ける時に支障をきたす恐れがあります。
サッシカバー工事
 下地部材を取り付けたら、新しい枠を取り付けていきます。 取り付けにはレーザーで水平垂直を確認しながら取り付けます。 
 そのあと窓を吊ってみて動作確認をし、正常に動く事を確認したら、次の作業へと進んでいきます。
サッシカバー工事
 こちらは完全した写真になります。 今までは通常の単板一枚ガラスでしたが、今回はペアガラスを採用してもらいました。 
 ペアガラスにすることでこれからの時期、結露が発生するリスクも少しは軽減してくれると思います。
サッシカバー工事

 こちらが外からの写真になります。 今回台風被害に遭われて雨戸も大きく破損した為、雨戸も全て新調していただきました。 お客様は新しくなった窓と雨戸に喜んでいただく事ができました!

 窓の事でご質問ご相談等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。   


窓取替え見積もりシミュレーション