吹田市 スチール片開きドアの硝子割れ替え施工例です。

硝子割れ替え工事 (1)
施工前 スチール片開きドアの硝子が割れています。今回、硝子割れ替え作業を紹介致します。現場調査時に、硝子のサイズ、明細を記録し、同寸法、同明細の硝子を手配します。
硝子割れ替え工事 (2)
施工中① 既存の割れている硝子を撤去します。スチールドアの硝子溝と硝子を接着しているコーキング材上下左右裏表全てをカッターナイフで切り取っていきます。
硝子割れ替え工事 (3)
施工中② 硝子専用リフター(吸盤)使用しで既存の割れている硝子を硝子溝から取り外します。大変危険ですので、慎重に少しずつ取り外します。
硝子割れ替え工事 (4)
施工中③ 硝子を全て取り除きました。新しい硝子施工時に邪魔な硝子溝に残っているコーキング材をカッターナイフで全て取り除きます。
硝子割れ替え工事 (5)
施工中④ 事前に採寸し、手配している同寸法の透明タテワイヤ硝子を、リフター(吸盤)を使用し慎重に、硝子溝にはめ込みます。
硝子割れ替え工事 (6)
施工中⑤ 硝子設置後、バックアップ材を表裏4方に詰め込んで硝子を固定させます。
硝子割れ替え工事 (7)
施工中⑥ コーキング充填時、綺麗な直線に仕上がる様に、マスキングテープを、スチールドアと硝子面に貼り付けます。
硝子割れ替え工事 (8)
施工中⑦ マスキングテープを表裏4方全てに貼り終えましたら、コーキングガンを使用しコーキング材を充填していきます。
硝子割れ替え工事 (9)
施工中⑧ コーキング材をの充填が完了しましたら、ヘラでなぞり硝子溝に押し込みながら余分なコーキング材をを取り除きます。
硝子割れ替え工事 (10)
施工後 マスキングテープを表裏4方全て剥がして完成となります。コーキング材が乾くのに少し時間を要するので、その間ドアの開閉を控えてもらいます。