スタッフブログ

浴室ドア取替
賃貸住宅の浴室ドアを取り替えたい。
オーナー様からのご依頼です。
マンションではなく 木造の賃貸貸しにされている住宅です。

ご希望は、同じスタイルのドアでした。
LIXIL ロンカラー浴室ドア が同じタイプです。
既存のドアは上下がガラスで、住居者様が お風呂場でよろけてガラスを割られて様です。お風呂のドアのガラスは、裸の状態でケガのリスクが大変高いです。

納まり
新しく取り替える場合は、上下ガラスではなく
樹脂板にします。
古いタイプの浴室なのでタイルが貼ってあります。
今のタイルは残し上から乗せて納めるようにします。
足元が少し立ち上がります。

現在の納まりの写真で概算見積をさせて頂きご検討をお願いしました。

納まり浴室側
カバー工法であれば、タイルを壊すことはなく比較的簡単に作業ができます。簡単ですが、作業時間としては3時間からご在宅は半日をお願いしています。

コーキング工事もありますので、お風呂へ朝入られる方は前日に晩へお願いしておきます。濡れていたらコーキングがのりません。綺麗に仕上げるには乾燥している状態が理想です。
古い浴室ドア
賃貸物件では、引渡し前に工事させて頂けるとスムーズに工事がはかどりますが、住居者様がいらしゃるお宅の工事の場合は、ひとこと伝える事が工事の段とりに左右します
午前中の工事でお約束することも、コーキングを乾かしその日に入浴することには、大事なお伝え事項になります。
LIXILロンカラー浴室ドア
LIXIL ロンカラー浴室ドア 
レバーハンドルや握り玉を選び オプションでタオル掛けが必要であればつける事が出来ます。

樹脂板であれば、割れる事はありますが ガラスのように
危なくないので危険度は下がります。

施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。
当社の過去の施工事例がご覧いただけます。
どうぞご参考になさってくださいませ。
DSCN6981
今回は新築の福祉施設へYKK APさんのラフォレスタ大開口引戸を建て込みに行って来ました。
普段は製作建具を取り付けに行くことが多かったのでなんだか新鮮でした!
DSCN6984
洋室にあるクローゼットです。
こちらはクローゼットなので大開口ではないですが、全幅が3m近くあるので真ん中2枚を開けると広い開口が取れますね。


DSCN6982
洋室からLDKへの片引き戸です。
こちらは大きな有効開口があり1.2m程の開口があるので、車いすや介護用ベッドの移動もスムーズに行えるようになっています。
また、床に段差がないノンレールのバリアフリー仕様になっているのでつまづく心配もないですね。
DSCN6986
引戸には大型のバーハンドルが付いています。
バーの部分が平たいところを設けることでつかんでも押しても使いやすいデザインになっています。
DSCN6978
こちらは洗面所とトイレの引戸です。
洋室の引戸程ではありませんが大きな開口が取れていて、どちらも85cm程の開口があります。
トイレと洗面所には錠が付いているのですが、錠は誰でも開閉しやすいように大型の取手が付いたサムターン錠が付いています。
DSCN6973
すべての作業が完了しました。
今回普段と違ってメーカーさんの建具だったのでいつもと違うことも多く勉強になりました。
これからの建具製作に生かせるようにしていきたいです。
parts_114
DSCN6945
今回はキッチン後ろの収納スペースに4枚建上吊り引戸を製作、取り付けに行って来ました。

parts_123
parts_116
DSCN6959
1階の広いLDKに大きなキッチンの後ろには冷蔵庫スペースも隠れる大きな上吊り引戸です!
冷蔵庫は特に生活感が出る家電です。なので冷蔵庫を隠すことでよりスッキリに、スタイリッシュなキッチンを演出できます。
DSCN6956
しっかり養生をして搬入しました。
今回のメラミン材はいつもの白色ではなく薄いグレー味のある落ち着いた色です。
まずは建具に引手や上吊り用の金物を取り付けていきます。
DSCN6957
次に上吊り用のレールを取り付けています。
レールは4m近くあるのでビス止めするまでは2人で押さえながら作業をします。
レールは2本取り付けていきます。2本のレールがちゃんと平行に並んでるか見ながら作業を進めます。


DSCN6958
レールを取り付けたら建具を取り付け、調整していきます。
建付け調整は上建具の上部に付けたコマで行います。

DSCN6962
作業が完了しました。
今回は2WAYソフトクローズを使用したので、開閉時にどちら側でも50㎜手前でソフトクローズ機能が作動し、バネの力でゆっくりと戸を開閉させます。

建具でお困りのことなどあれば是非弊社へご相談下さい。

スマートコントロールキー
YKKAP製スマートコントロールキーがより便利に使いやすくなりますこれまでの2つのキースタイルである「ポケットキー」と「ピタットキー」はそのままに便利で、使いやすいカタチへとアップデートします
スマートコントロールキー
ポケットキーは、リモコンの形状がスリムになって使いやすくリモコンを持っていれば、ハンドルボタンを押すだけでOKですカバンの中のキーを探す必要はありません荷物をたくさん持っていてもスムーズに出入りすることができます。
スマートコントロールキー
停電や電池切れなど、キーが使用できない場合でも玄関ドアを解錠できる非常用収納カギが標準装備されていますそのためどのような状況でも施解錠が可能になっているのです
スマートコントロールキー
ピタットキーは、カードキー・シールキーがタグキーに進化しました。タグキーをかざしてドアを開けるだけなので、お子様でも簡単にお使いいただけます
スマートコントロールキー
スピーカー搭載により各種の設定を声でお知らせしてくれるためカギの登録や削除など音声ガイドでサポートしてくれますメンテナンスの時期や電池切れなども音声で教えてくれるので安心ですねまた、専用アプリをインストールして、カギの登録や設定・施解錠履歴を確認することができます。キーとして登録したスマートフォンを持っていれば、アプリ上での操作で施解錠することもできますよ

庇を取付けましょう!

hisasi
庇を取付けることが窓の雨対策となります。

庇とは窓や出入口の上部に取り付けられている出っ張り部分のことを指します。

お家によっては建築当初から取付けられているものもあり、後から取付ける事も可能です。

窓の上部に取り付ける事で窓から雨が入り込むことを防ぎます。

また、夏の暑い日差しや、冬の西日などを防ぐのにも役に立ちますので活躍の幅は広いです。

hisasi
お勧めの商品はこちらです

YKKAP様より販売しているコンバイザーモダンスタイル・ベーシックスタイルです!

アルミ製の庇となっており、丈夫でとても良い商品となっております。

デザインもとてもシンプルなものですので、どんな所にもマッチするはずです。

色もホワイト、カームブラック、ブラウン、ピュアシルバー、マッドステンがございます。
hisasi
庇を取付けてしまうとその部分だけ暗くなってしまのではと思われるか方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にお勧めしますのはYKKAP様より販売しているシンプルモダンシリーズです。

庇本体部分が強化ガラス仕様となっており、採光性を確保したものとなっております。
hisasi
ガラスが割れたりして危なくないの?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

シンプルモダンシリーズに使用しているガラスは強化ガラスはしっかりと固定されており、通常の使用では割れたり落下したりすることはありません。

また、ガラス厚6mmの強化ガラスに飛散防止フィルムが貼られているものとなります。

強化ガラスは割れてしまっても粒状の破片になりますので怪我をする確率も低いものです。



hisasi
庇を取付けても横から雨が吹き込んでしまうこともあります。

それでしたらYKKAP様のキューブシェードはいかがでしょうか。

キューブシェードは庇に縦枠を取付けたものとなり、横からの吹込みも防いでくれます


hisasi
縦枠により風も入りやすくなり、西日を防ぐのにも効果を発揮します。

形もL字、コの字、ロの字と選ぶことができます。

オプションで面格子やアウターシェードなどが取り付けられますのでお好きな機能を足すことが可能です。
hisasi
庇は玄関や勝手口にも取付けることができます。

雨が降っている時に玄関に庇が付いていれば鍵や傘を畳んでいても濡れる事はありません。

庇には照明を取付けられるものもありますので、玄関前が暗いといった問題も解消することができますね。
hisasi
庇は窓や出入口の雨対策としてとても有用な物です。

ジメジメした梅雨に窓を少しでも開けて換気ができることはとても喜ばしいことです。

近年のコロナ対策にも換気は重要項目ですので、気になった方は取付けてみてはいかがでしょうか。

わが社でしたら、経験豊富なスタッフが現場の調査から見積、取付けまで全てお任せ頂けます。

ご興味がある方は是非宜しくお願いします。
DSC_02671
今回は西宮市の新築物件にキッチン背面収納の3枚建引違戸を製作・取り付けに行って来ました。

現場は養生も取れており美装も終わって綺麗だったので、床に養生を敷いて傷つかないようにします。
DSC_0259
上下のレールを取り付けていきます。
キッチンの上のみ天井が一段下がっていて間接照明が付いていました。


DSC_02611
上下のレールを取り付けたら、建具を建て込みます。
建て込んだら建付けやコマの走り具合を見ながら調整していきます。
DSC_0265
いつもは奥2枚の建具を間仕切壁と壁の内に、一番手前の建具を間仕切壁の前に1枚という形で取り付けてるのですが、今回は3枚とも間仕切壁の前で取り付けました。
DSC_02661
取り付け作業完了しました。
今回3枚とも間仕切壁の前に出したことで建具を片側に寄せた時の開口が間仕切壁の分13cm程ですが広く取れました。
また、奥行きも建具2枚分約7cm程広くスペースができました。