スタッフブログ

before
手摺ガラス 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたバルコニーの手すりのガラスのお取替えの現場です。

お客様から「バルコニーの手すりのガラスが台風の飛来物で傷ついたので取り換えて欲しい。」とご要望を頂き、取替にお伺い致しました。
arrow_right
after
手摺ガラス 施工後
こちらが施工後の写真になります。

ガラスは乳白色の合わせガラスをお取り付け致しました

合わせガラスは、ガラスとガラスの間にフィルムが挟まっていますので、万が一割れた場合でも飛び散りにくくなっています
手摺ガラス 施工中
こちらは、ガラスのお取替え中の写真になります。

まず、手すりの笠木部分(上のカバー部分)を取り外します。

そうするとガラスを抑えている上枠を固定してるビスがありますので、ビスを外して上枠を外します。
手摺ガラス 施工中2
ガラスを固定しているコーキングをカッターで切り、ガラスを上から引き抜きます。

合わせガラスですので、なかなかの重量がありますので気を付けて作業します

新しいガラスを入れて、部品を戻して、ガラスのコーキングを施工すれば完了です!

ガラスのお悩みはぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
before
スチールドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたスチールドアのお取替えの現場です。

お客様から「スチールドアが錆びて傷んでいるので取り替えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、ドアの下側の塗装の痛みがひどく、腐食していました
arrow_right
after
スチールドア 施工後
こちらは施工後の写真になります。

今回は、既存の枠は問題なかった為、扉本体のみお取替え致しました

取り替えるにあたって、丁番も新しい物に取替、丁番の補強の板も取付致しました!

また、ドアの下側に錆を防ぐためにステンレスの板をお取り付け致しました
KIMG2848
こちらは、施工前のドアの写真です。

ドアに水がかかってしまう為、どうしてもスチールは錆びてしまいます…

こまめな塗装のメンテナンスが必要です。
スチールドア 握り玉
こちらは、既存のドアの握り玉です。

新しいドアは、使いやすいレバーハンドル錠に致しました

今回は、事前にドア本体を塗装して施工致しましたので、お取替えは半日で終了致しました

スチールドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
テラス屋根ソラリア (1)
ご自宅玄関前自転車置き場に屋根を取付けてほしいとのご依頼が有りました。間口は2.7m奥行も2.7m位の大きさをご希望されていましたので、今回、ykkap製ソラリアアール型をオススメしました所、ご納得頂きご採用頂きました。
テラス屋根ソラリア (2)
出巾を敷地境界内に納める為、垂木・側板・屋根材等の材料を現場にて切断していきます。写真は出巾部の骨組みになる垂木部を加工中です。
テラス屋根ソラリア (3)
最初に垂木掛けという材料を壁面に電動ドライバーで、ビス止めしていきます。ビス止め時は防水処理の為、コーキングを充填します。水平器で平行になるよう測定し取付します。
テラス屋根ソラリア (4)
柱を電動丸鋸で切断しています。
テラス屋根ソラリア (5)
完成写真です。ykkap製アルミテラス屋根ソラリアアール型柱標準仕様、ステンカラー色・屋根材は熱線遮断ポリカーボネートクリアマット色をご選択されました。自転車置き場の雨除け、また、夏場、小さいお子さんのプール遊び時の直接の日差しを遮る日除けにもなって大変喜ばれていました。アルミ枠色はカームブラック・ホワイト・ブラウン・ピュアシルバー等が有り、さまざまなお家のイメージに合わせる事が可能です。
キッチン1
キッチンの背面収納の現場調査と採寸に行ってきました。
この現場もダイニング、リビングのスペースが広くて開放的な素敵なお部屋になりそうな感じです。
天井には木製の梁があり吹き抜けです。
まだ、梁には養生の紙が垂れ下がっており、見栄えがよろしくない状態ですが、、(笑)
キッチン3
内部の間仕切りカベの取付位置と壁の厚み等を細かく採寸していきます。
キッチン3
左の手前の引戸が入り込むスペースも細かく測ります。
この部分の高さは床に置いたレーザー計測器にてピンポイントで測ります。この現場のように幕板の仮固定部材などがある場合レーザーで簡単に採寸できますので重宝します。
キッチン2
幕板の内側から仕切り壁の内側を測る時は、メジャーを折り曲げてあてて測ります。
採寸方法は、沢山コツがあり、経験で色々な測り方が解ってきます。
高さ、幅などは最低3ヶ所採り、平均値で決めたりします。
3点採寸は当社の決まりごとになっており、採寸間違いや書き間違いを防いでくれます。
施工事例
保育園6
保育園の教室の出入り口の引違戸です。
ガラス面を大きく採り開放的でとても明るくなる設計の建具です。
ただ、ガラス面を大きくし破損の防止の為強化ガラスを使用している為建具が非常に重く、長年の使用による戸車関係の摩耗やイタミが激しいので、今回戸車の交換と建付け調整にお伺いしてきました。
保育園7
下部のV型のアルミレールに長年のゴミや砂ぼこりが付着していましたので、溝の清掃に時間を要しました。
保育園や学校のような多くの子供や生徒たちが通る場所はゴミがたまりやすいので傷みが激しいです。
保育園5
レール溝の清掃が終わり走行のテストをしますと、引違錠の掛りが悪い箇所が見つかりました。
下部の戸車に高さの調整用のビスがあります。そのビスを上下して鍵の掛りを直します。

保育園8
上部の鴨居と引き戸の戸首部分の摩耗が激しい部分がみつかりました。
引き戸の上部に小さな板状の部材を作り取付します。
小さな部材は木材をあらかじめ数種類持っていき、現地の状況にあわせてその場で作ることもあります。
施工事例
玄関引き戸交換 (1)
今日は、20年以上ご使用で至る所に傷が目立ち始めている為、玄関引き戸お取り替えをお考え中のお客様のお宅へ現場調査に伺いました。既存の玄関引き戸は和風のランマ付き縦格子タイプ単板硝子仕様でした。ご希望は①以前からこのデザインが気に入ってなかったので、がらりと変わった洋風にしたい。②冬場、玄関内が寒いので改善してほしい。③高齢になってきて、開閉がしにくくなってきたので、開閉しやすい様にしてほしい。とのご要望が有りました。
玄関引き戸交換 (2)
採寸をは始めていきます。今回は既存の枠を残して枠内に新たな枠を取付けるカバー工法での施工をご提案しました。は巾・高さの枠の内々寸法をスケール等できっちり採寸し、下枠・外額縁の形状等も細かく採寸します。
玄関引き戸交換 (3)
内部のランマ部の写真です。
玄関引き戸交換 (4)
内部からの下枠、土間タイル部の写真です。現場採寸にはこの様に、写真を細かく取り、綺麗な納め方を再確認致します。
玄関引き戸交換 (1)
今回、ご提案しましたのは、LIXIL製リシェント玄関引き戸17型ランマ無し、断熱仕様です。2本のスリットが入った洋風な玄関引き戸です。
玄関引き戸交換 (2)
ペアガラス仕様で、硝子と硝子の間の空気層で冷気の侵入をガードします。
リシェント引戸ハンドル
以前の船底引手ではなく、開閉が楽になる、大型のハンドルをオススメしました。
ファミット①
ykkapから上質な空間を演出する全面硝子の室内引戸・間仕切りが新登場しました。
ファミット②
リビングルームへの施工例です。4枚引違い戸で高さを天井まで取りましたので、大変、解放感があり、シャープなアルミフレームやパネルの映り込みが空間をモダンかつスタイリッシュに演出しています。(ガラスはミラーチェーン・フレームブラック艶消し)
ファミット③
硝子のラインナップです。ミラーチェーン・ストリング・ブラック・ファブリック等が有ります。
ファミット④
細かなチェーン調のハーフミラーが空間をモダンに彩る・ミラーチェーンとランダムで繊細なラインが空間をさりげなく仕切る・ストリングです。
ファミット⑤
落ち着いた印象のスモークカラーで空間をシックで上質に演出する・ブラックとファブリック調の模様が空間にソフトの印象を与える・ファブリックです。
ファミット⑥
上質な印象のカーブ型掘り込みを施した引手は、硝子面の直接設置することで浮遊感のあるデザインに仕上がっています。ご自宅リフォームの際は、是非、新しい室内引戸・間仕切りをご検討、ご相談下さい。
ソラリア1F (1)
階のお庭に面した掃出しの場所に洗濯物をいつも干していらしゃるのですが、屋根が無く急な雨に降られる事があるので、あわててしまう事がたびたび有り、不便を感じられていました。この度、アルミテラス屋根を取付けほしいとのご相談を頂きました。オススメしましたのは、YKKAP製アルミテラス屋根ソラリアアール型です。既存のサッシ色に合わせたホワイト色のフレームにクリアマットのポーリカーボネートの屋根材をご提案しご採用頂きました。
ソラリア1F (2)
テラス屋根の柱・前桁・垂木掛け等この様に段ボールに養生されて搬入されてきます。
ソラリア1F (3)
アール型の垂木もこの様に段ボールに養生されて搬入されてきます。これらのバラバラの材料を順番に取付てアルミテラス屋根を完成させていきます。
ソラリア1F (4)
最初に垂木掛けを壁へ電動ドライバーを使用しビス止めしていきます、ビス穴には防水の為コーキング処理をします。
ソラリア1F (5)
垂木掛けのビス止めが完了しましたら、壁との取り合い部から雨水が入らない様、しっかりとコーキング処理をします。
ソラリア1F (6)
その後、垂木、前桁、柱、屋根材等順番に取付ていきます。
ソラリア1F (7)
最後に雨樋・物干しを取付け完成となります。
before
アタッチメントガラス 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたFix窓にアタッチメントガラス取替の現場です。

お客様から「階段のところにある窓からヒンヤリした冷気がくるので対策はありますか?」とご要望を頂きました。

arrow_right
after
アタッチメントガラス 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、ガラスを単板ガラスから複層ガラスにお取替えできる、アタッチメントガラスです

こちらの写真は、アタッチメントガラス施工後の写真になります。
アタッチメントガラス
複層ガラスは、ガラスとガラスの間の空気層によって断熱効果や防音効果を生み出します

また、アタッチメントガラス今お使いのサッシはそのままでガラスだけのお取替えができますので、費用的にもお安くリフォームが出来ます
スペーシア 真空ガラス
また、ガラスのリフォームでは真空複層ガラスのスペーシアもおすすめです!

スペーシアは、ガラスとガラスの間が真空になっており、より高い断熱効果が期待できます

またガラスの厚みも7mm弱と単板ガラスと同等の為、サッシからガラスが飛び出すこともありません

ガラスのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
保育園2
この保育園の建具は10年以上たっており、不具合が何か所か出てきているので、木製建具全数の検査と調整にお伺いしてきました。
まず最初は廊下から教室にかけての入り口の引違戸から点検しました。
ガラスが非常に大きく下部の戸車に負荷がかなりかかっている感じです。強化ガラスは使用されているのですが、全てガラスの為建具が重く、動きも悪くなっている建具が数枚あります。一度外して、戸車の状態が悪くなっているヶ所は交換していきます。
保育園3
写真は上部に取付した引戸の固定する落し金具です。
長年使用していますと、穴の位置がずれてきて、金具がうまく刺さらなくなります。
この場合、下部の戸車にて建付調整をして、穴にスムーズに刺さるように微調整していきます。
保育園4
この金具は鴨居の中に取りつける板バネで、横から見ると弓型のバネの金具で、建具の上部に当り引き戸をブレーキをかける役割をします。
板ばねの曲り具合を少し曲げ直しして、ブレーキのかかり具合を調整します。
保育園1
写真は廊下の引違戸です。
内側の組子のデザインがユニークで動物の顔になっています。
保育園らしく、かわいらしい建具です。
施工事例
店舗引き戸 ①
工場内機械室と作業室の間にアルミ引戸が取付てあったのですが、荷物搬入用大型台車がぶつかり破損し動かなくなりましたので、新しくアルミ引違い戸を取付ける事となりました。開口幅は1.7m程開口Hは1.9m程でした、しっかりとスケールで採寸後、レーザー墨出し器で枠の歪み等がないかを確認します。
店舗引き戸 ②
枠を取付けた写真です。床がコンクリートでしたので、振動ドリルを使用し床に穴をあけ。コンクリート用ビスを使用し下レールが平行になるように調整し止めていきます。縦枠取付下地部は軽量鉄骨でしたので専用ビスで止めていきます。
店舗引き戸 ③
枠取付完了後、障子部をはめ込み枠の取付不具合が無いか確認します。なければ、枠と壁との隙間にコーキング処理をしていきます。マスキングテープを引戸枠と壁部に、コーキングがはみ出す事無く綺麗に仕上がる様に貼付ます。その後コーキングを充填し、ヘラで押え隙間がないように仕上げます。
店舗引き戸 ④
完成写真です。アルミ店舗引戸、中桟付、上下アルミサンドパネル、商品色はピュアシルバー色です。商品色は他にブラウン・カームブラック・ホワイト色等が有り、アルミサンドパネルの代わりに透明硝子や型板硝子等も選択出来ます。是非、皆さんも、アルミ引戸取替等お悩みご相談下さい。
before
引き違い窓 カバー工事 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした工場のサッシのカバー工事の現場です。

お客様から「もともとガラリが付いているところに窓を取り付けて欲しい。」とご要望を頂きました。

こちらの写真は、すでにガラリが撤去された後の写真です。

固定のガラリですと、冬は冷気が入ってきてとても寒いので窓にしてほしいとの事でした。
arrow_right
after
引き違い窓 カバー工事 施工後
こちらは、施工後の写真になります。

暗くてわかりにくいですが、ガラリだったところにカバー工事で引き違いの窓をお取り付け致しました

カバー工事は外壁や内装を傷めずに窓が取替できる施工方法です

施工時間も1窓、半日~で終了致します!
アルミガラリ 撤去後
こちらはアルミガラリ解体後の様子です。

新しい窓を取り付けるための採寸を行い、下地の形等を計算致します
アルミガラリ 撤去後
こちらは、アルミガラリの方立の残骸です。

窓を取り付けるのに邪魔になる為、取付時にさらにカット致します。
引き違い窓 カバー工事 施工後2
こちらは、引き違い窓施工後の写真です。

内部側には、アルミの額縁を取り付けて違和感のない仕上がりになります
引き違い窓 カバー工事 施工後3
お客様から「これで冬は寒くないし、夏の冷房の効きも良くなる!」とお喜び頂きました!

窓のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
プラマードU片開き ①
既存上げ下げ窓です。近くに電車が通っていて、窓からの騒音がひどいので、何か良い改善方法は有りませんか?とのご相談でした。今回、既存窓の内側にもう一つ窓を取付け2重窓にすれば、外からの音を15db低減。騒音が半分以下に聞こえる遮音効果です。商品はYKKAP製内窓プラマードU内開き窓(既存窓が巾60センチ高さ77センチ程の小さい窓にピッタリの商品です)をオススメしご採用頂きました。
プラマードU片開き②
まず、既存窓内側の窓枠に内開き窓用の枠を電動ドライバーを使用し、左右上下としっかりとビス止めしていきます。
プラマードU片開き ③
枠取付完了後、硝子障子部を吊り込みます。写真は、硝子障子を吊り込み、カムラッチハンドルでロックし閉じた状態の写真です。
プラマードU片開き ④
写真は開いた状態です。内側に開きアームスットパーによって90°で止まる様にしています。
プラマードU片開き ⑤
完成写真です。障子が簡単に外れない様に外れ止めを装備し、安全に配慮しています。商品色は木目ナチュラル・透明複層硝子仕様をご選択されました。商品色は他に木目クリア・ミディアムオーク・ダークブラウン・グレー・ホワイトの5色ありインテリア空間に合わせた内窓選びで、窓辺をお好みに演出出来ます。
before
ガレージシャッター 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたガレージのシャッターのお取替えの現場です。

お客様から「ガレージの電動シャッターが開かなくなったので、取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状では電動ではピクリとも動かなくなってしまったとのことでした…
arrow_right
after
ガレージシャッター 施工後
今回は、お客様からのご要望で手動式のシャッターにお取替え致しました。

費用を安く抑えていたいとの事と、もう車庫には車を入れないので開け閉めもそんなに頻繁にはしないとの事でした
ガレージシャッター 施工中
こちらは、施工中の写真になります。

まずは既存のシャッターを取り外していきます。


ガレージシャッター 施工中2
シャッターのスラットを撤去したら、シャフトまで取り外します

ちなみに、シャッターシャフトにはバネが付いていますが、かなり強力なバネなので、万が一作業中に挟まるようなことがあれば、大けがをする危険な作業です
ガレージシャッター 施工中3
古いシャッターがすべて取り外せたら、新しいシャッターを取り付けていきます。

新しいシャッターに合わしてブラケットを取り付け、シャフトを固定したら、スラット(シャッターの本体部分)を取り付けていきます
ガレージシャッター 施工中4
最後に、新しいガイドレールを取り付けて動作確認をすれば完成です!

ガレージシャッターのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
レバーハンドル1
今回のご依頼は、室内ドア(片開き戸襖)のレバーハンドルが抜け落ち室内側に落ち、廊下側から解放できなくなったとのことで、緊急の訪問にお伺いしてきました。夕方のお電話でしたが、ご住所をお聞きすると、当社から自転車で行ける距離でしたので、幸いすぐにお伺いできました。
レバーハンドル4
内部のレバーハンドルが抜け落ちたらしく、ドアが閉まるとラッチがかかってしまうので、外部からは通常開けれなくなります。
この状況で解除するには、少しコツがあります。
レバーハンドルの刺さっている穴を覗くと四角の穴があります。これにマイナスのドライバーを差し込み回転させると簡単に開錠できます。

レバーハンドル2
開錠の仕方が普通素人の方は、わからないで、焦ってしまいます。
子供さんやお年寄りとかがとじ込みにならなくて良かったです。
以前から調子が変だったとのことでした。
ドアの開閉に不具合があれば、速めに御連絡いただければ対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

レバーバンドル3
建具も金具も古くなってきているので、新たに新調されることになり、現状の寸法を採寸し後日取付けすることになりました。
施工事例