スタッフブログ

before
マドリモシャッター 施工前
日ご紹介するのは、先日お伺いした後付けシャッターお取り付けの現場です。

お客様から「横に引くシャッターが壊れたので取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、横折れのタイプのシャッター雨戸がレールから脱線して動かなくなっていました

さらにこのタイプのシャッターはもう廃盤になってい、枠ごと新しく取り替える事はできないんです
arrow_right
after
マドリモシャッター 施工後
そこで今回オススメさせて頂いたのは、YKK APマドリモシャッターです!

こちらの商品は、後付けタイプのシャッターで既存の窓に合わせてオーダーで製作致します
マドリモシャッター 施工中
こちらは、施工中の写真になります。

既存のシャッター枠を撤去したら、新しいシャッター枠を取り付けていきます。

この時に、新しい枠が水平、垂直に取り付けられているか、確認しながら取り付けます
マドリモシャッター Box下げ納まり
今回採用したマドリモシャッターは、ボックス下げ納まり仕様をお取り付け致しました。

このボックス下げ納まりは、シャッターBoxの取付スペースが足りない場合に使用します

以前は、スペースが無くて取付ができなかった場所でも取付できるようになりました

シャッターのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
before
サッシ カバー工事 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした掃き出しサッシのお取替えの現場です。

お客様から「バルコニーに出る窓が古くて調子が悪いので取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、枠に歪みが出ていて、窓がきっちり閉まらない状況でした

お客様が鍵も掛けれないんですとお悩みでした
arrow_right
after
サッシ カバー工事 施工後
こちらは、施工後の写真になります。

今回は、サッシのカバー工事でお取替えさせて頂きました!

カバー工事は、既存の枠を残して窓がお取替えできる、施工方法です

施工時間は1日で完了します
カバー工事 施工中1
ここからは、施工中の写真になります。

まずは、新しい枠を取り付けるのに邪魔になる、既存枠の部品やレール取り除きます。
カバー工事 施工中2
邪魔な物が撤去出来たら、新しい枠を取り付けていきます

この時に、新しい枠が水平、垂直になるように確認しながら取付ます

この作業を怠ると、窓の動きが悪かったり、鍵が掛かりにくくなります
カバー工事 施工中
新しい枠を取り付けているところです。

しっかりと固定していきます
カバー工事 施工中4
枠が取付出来たら、次は内部のカバー材を取り付けていきます。

これを取り付ける事で、内部から見た時には古いサッシ隠れているので、見た目の仕上がりがきれいになります
カバー工事 アルミ額縁
カバー材が取付出来たら、サッシ周りをコーキング(シール)していきます。

内部はもちろんですが、外部のコーキングをしっかり行い、雨漏れを防ぎます
カバー工事 施工後2
最後に網戸を建て込んで、建付けの調整をすれば完成です

窓の開閉はスムーズになり、もちろん閉めた時の隙間もありません

サッシのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
パッキン1
この収納家具の扉についている、防虫パッキンが破損しているので、修理可能かを調査に行きました。
パッキン2
4枚の下部収納扉には、外観はほとんど傷も無く、開閉も異常ありません。
パッキン3
扉の内側に付けてある防虫召し合わせパッキンが経年劣化により破損してました。
防虫パッキンの交換の為、サイズを細かく採寸します。
通常ほとんど使用することの少ない部材も、最近はインターネットで比較的簡単にヒットしてくれるので、近似製品を入手して修理することが増えてます。
パッキン3
写真は6枚折戸の調整で、中央の2枚折戸が左右移動するようになってます。
長年の使用で、若干折戸が下がり気味になってるようです。
2枚一度に持ち上げて外し、修理をしますので2名体制になりそうです。
折戸3
折戸の内側にある上吊戸車のビスを調整することで、軽く動くようになりました。
折戸2
後は各折戸の隙間が揃うようにドライバーで上下、左右、微調整をして目地の幅が均一になるように調整します。
施工事例
FH取替 ①
フロアヒッジ(開きドアの軸側の床に埋め込んで、ドアの荷重を支え、開けられたドアを適切なスピードでソフトに確実に占める装置。ドアの閉じるスピードを調整でき、閉まり際の速度調整やドアの開き角度90°付近でストップさせたり、開き難くする機能が付いたものもあります。)が、油圧の力が無くなり、ドアが急に開いたり閉じたりし指詰めなど危険でしたので、お取り替えする事となりました。
FH取替②
まず、ドア本体を取り外します。
FH取替 ③
既存のフロアヒンジを取り外していきます。フロアヒンジ本体を撤去後、フロアヒンジボックス廻りの土間をタイル目地に沿ってグラインダーでカットしてい行きます。(極力タイル補修を少ない様にします。)
FH取替 ④
その後、ハツリ機でフロアヒッジボックスを取り除いていきます。新設するフロアヒンジが設置可能な範囲まで土間を掘り広げます。
FH取替 ⑤
新しいフロアヒンジを設置していきます。高さ、奥行き、左右を調節し、土間にアンカーを打ち込み、溶接止めします。ドアを吊りい込み適切なスピードで開閉する様に調整してます。後日になりますが、フロアヒンジ廻りをモルタル詰めし、タイル補修をして完成となります。
サッシ組立 (1)
YKKAP製フレミングJ辷り出し窓の組立をしていきます。YKKAPさんよりトラック運送でこの様な段ボールで梱包されて配送されてきます。
サッシ組立 (2)
梱包を開けました。商品に傷がつかない様、発砲スチロールを材料の間にはさみビニールで巻きつけ固定されています。
サッシ組立 (3)
ビニールを切断しアルミ材1本1本バラバラにしました。枠部材4本、硝子障子部4本と取付・組立ビス・オペレーターハンドルが入っています。
サッシ組立 (4)
枠の組立作業を始めます。枠の横材と縦材を側面から電動ドライバーで2本ビス止めしていきます。同じ工程を左右。上下と繰り返します。
サッシ組立 (5)
枠の組立完了です。
サッシ組立 (6)
次に硝子障子部の組立作業に入りいます。写真は複層硝子です。この様に硝子廻りにグレイジングチャンネル(硝子をサッシの固定するゴム状のパーツ)付納品されます。
サッシ組立 (7)
障子部材に硝子をはめ込み、四方をアルミ障子部材で固定します。
サッシ組立 (8)
枠に障子部を組み込んでいきます。すべり出し窓は左右にステンレスのアームが有りますので、そのアームを片側3か所枠にビス止めしていきます。
サッシ組立 (9)
最後に開閉用オペレーターハンドルを取付て完成です。YKKAP製フレミングJ辷り出し窓(複層硝子仕様)ブランン色W700H400にオーダーした商品です。
before
テラス屋根 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたテラス屋根お取付の現場です。

お客様から「玄関を出たところに、屋根を取り付けて欲しい。」とご要望を頂きました。
arrow_right
after
YKK AP テラス屋根ソラリア
こちらが施工後の写真になります。

今回お取り付けさせて頂いたのは、YKK AP テラス屋根 ソラリアです!

今回はお家サッシの色に合わせて、ブラウン色でお取り付け致しました
ソラリア屋根 取付部
こちらは、側面を下から見上げた部分です。

玄関と軒の隙間にテラス屋根をお取り付け致しました

今回は、軒とテラス屋根の距離が近い為、ポリカは下から施工できる部材で手配致しました
ソラリア テラス屋根柱部
屋根先の柱は、地面に穴を掘って埋め込んであります。周りをモルタルで固めてあるので、強度もバッチリです
テラス屋根 ソラリア施工後
屋根材のポリカもアルミの色に合わせて、スモークブラウンを採用致しました!

テラス屋根のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
収納1
キッチンの背面収納に3枚の引違戸を被せるように設置、製作するために現地調査にお伺いしてきました。
最近人気の対面式のキッチンのなかで、ペニンシュラキッチンです。半島型のキッチンの背面に調理器具を置きますが、3枚の大きな引違戸を取り付けることで完全に壁のように塞ぐためとてもキッチンがスッキリして見えます。
ちなみに、オープンキッチンや対面形キッチンとして人気のキッチンはアイランド(島)ペニシュラ(半島)の2タイプあります。写真のように壁寄りにコンロがあり部屋の中央側にシンクがある半島型のペニシュラキッチンがにんきです。それは両者のデメリットとなる油汚れの拡散が少し押えれるからでしょう。
背面の棚には多数の調理器具が広がって収納されますが、手前に3枚の大きな引違戸を付けることで壁のようになりキッチンがスッキリします。
収納2
現地の収納の内部の仕切り壁の厚み内法などを各所寸法を測っていきます。
収納3
上部天井から下がっている幕板の内側に建具を納めるため、間仕切り壁との間の寸法を採ります。
収納4
幕板の右側にも建具が入る設計なので、採寸します。
会社に戻り作図をして製作いたします。
before
アルミフロントドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたアルミフロントドアのお取替えの現場です。

お客様から「マンションの通用口のドアが台風の強風で壊れたので直して欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、すでにドアは撤去されていました。お話をお伺いすると、強風で開いてへしゃげてしまったそうです
arrow_right
after
アルミフロントドア 施工後
こちらは、施工後の写真になります。

今回は、アルミフロント框ドアをカバー工事でお取付け致しました!

既存の枠を壊さずに新しいドアお取り付け致しましたので、施工は1日で完了しました
アルミフロントドア 施工中
こちらは、フロントドアの施工中の写真です。

まずは、既存の枠に付いている戸当たりを撤去してきます
アルミフロントドア 施工中2
新しい枠を取り付けるのに、邪魔な物を取り除いたら新設枠を取り付けていきます。

この時新しい枠が、水平、垂直になるように確認しながら取り付けていきます
アルミフロントドア カバー工事
こちらは、新しい枠のカバー材の写真です。

カバー工事は既存枠を残して新しい枠を取付する為、そのままでは古い枠が見えてしまいます

そこで新しい枠の上からアルミのカバー材を取り付ける事で古い枠を隠して、見た目をきれいに仕上げます

アルミフロントドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
出済テラス ①
この様なご自宅出隅部にアルミテラス屋根を取付け出来ませんでしょうか?とのご相談でした。勝手口から犬走り部を屋根で覆い駐車場迄雨に濡れずに行き来ししたいとの事でした。アルミテラス屋根には出隅セットが有り直線用と連結する事が可能です。今回、ykkap製アルミテラス屋根ソラリアアール型をオススメしました所、気に入って頂きご採用頂きました。
出済テラス ②
まず、柱位置を決め、その場所の穴掘り(ハツリ)をしていきます。25センチ角で深さ30センチ程堀、そこに柱を立ててモルタル詰めしていきます。
出済テラス ③
出隅部完成の写真です。出隅仕様は左右同じ出巾でしか施工は出来ません(留め部対象にならないと接合が出来ない為)ので、ご注意ください。勝手口ドアの上部まできっちり取付しています。
出済テラス④
今回、出巾1470を1350にカットし、直線は6M程です。雨の吹き込みを防ぐ為、前面パネルと、前面パネルすきま隠しも取付しました。アルミ色は、既存サッシに合わせブラック色、屋根材はポリカーボネート板の耐衝撃性はそのままに、熱による屋根下温度の上昇を防ぐ、熱線遮断ポリカボーネート板をご選択されました。今回は1Fでの施工でしたが、2Fバルコニーでも出隅・入隅セットでの対応可能です。是非ご相談下さい。
玄関錠現調 (1)
ご自宅玄関ドアのレバーハンドルが写真の様に傾き施解錠が出来ない状態でした。修理もしくは、取替出来ませんかとのご相談でした。
玄関錠現調 (2
ドア戸先からの写真です。ラッチと言われる部品がしずんだままになって動かない状態です。残念ながら修理は不可能でしたので取替用の錠を探す事になりました。錠を探すには、ドアの厚さ、バックセット(ドア戸先から錠中心までの長さ)フロント(写真の戸先部の四角いステンレスの板)に刻印されている、メーカー名・記号を確認します。
玄関錠現調 (3)
補助錠のフロント部にも刻印が有りますので、メーカー名・記号を確認します。
玄関錠現調 (4)
玄関ドア吊元側木口にサッシメーカーと商品名のラベルが確認出来れば、サッシメーカーの商品問い合わせセンターが有りますので素早く代替品等を調べて貰えます。アルミ玄関ドアの錠を調べるには、サッシメーカーの特定が重要です。鍵をなくされた時などの、シリンダーのみの交換も可能です。玄関引き戸錠も同じくサッシメーカー・商品名が特定出来れば、代価品等のメンテナンス商品で対応可能な場合が多いです。

ケアハウス1
写真はケアハウスの居室フロアの廊下の写真です。
ケアハウス2
居室部の各戸入口の引き戸の写真です。対面にも部屋があります。この建具の製作にあたり、左右勝手の複雑さに気をつかいました。建具そのもののR・Lに加え、窓の樹脂版のザラザラ面と、押さえビスの方向も考えながら製作指示をしなければいけません。
ケアハウス3
多目的使用のトイレの引き戸です。建具の引手に加え、外部にの壁にもハンドルが設けられてます。
これは、車いす使用の人が車いすを静止して引き戸をあけるためだそうです。健常者には気がつかない配慮がケアハウスには各所にあります。
このようなお仕事を通じて、一般の住宅などのリフォームなどの時に活用できるよう、他の設備の使用方法なども勉強、吸収できるように心がけたいです。
ケアハウス4
これは、両開き収納の正面の写真です。
施錠の為の本締錠をつけます。
ケアハウス5
物入れ扉の片側、上下の木口にフランス落しをつけます。今回のフランス落しは、樹脂製です。とくに受金をプラスチックにすることで、ガタつきによる音鳴りの発生を防止します。
施工事例
before
シンプレオ門扉 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたアルミ門扉お取替えの現場です。

お客様から「玄関階段の前に門扉を取り付けて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状は、スチール製の柱だけが残っている状態で門扉はすでにありませんでした
arrow_right
after
シンプレオ門扉 施工後
今回ご採用頂いたのは、YKK APシンプレオ門扉です!

アルミ製の門扉で縦格子のデザインをお選び頂きました

今回はインターホンの高さを考慮して、H1000の商品に致しました!
既存スチール柱
こちらは施工前のスチール製の柱です。

既存の柱は、同じ場所に新しい柱が来るため、掘り起こして抜かなければいけません

モルタルにサンダーで切れ目をいれて、ハツリ機で掘っていきます

このコンクリートを掘る作業は、重労働でとても大変です
シンプレオ門扉ラッチ錠
今回は、門扉の高さが低めの為、両面シリンダーを採用致しました

万が一外出中に門扉の鍵を上から回されそうになっても、両面シリンダーであれば、鍵がないと開錠できない為、安心です

門扉のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
格子入りプラマードU ①
ご自宅マンションの和室です。1Fで防犯面が心配、冬場窓からんの冷気で寒くて仕方がない、とお悩みでした。今ある窓に内窓を取付て二重窓にしてはどうでしょうか?とオススメしました。内窓にはクレセントにて施錠が出来ますので、硝子割りの侵入の場合、2回硝子を割らなければならないので、視覚効果が有り、抑止力になります。また、内窓は樹脂フレームですので、アルミの1000倍熱を伝えにくく、間に空気をはさむ事で冷気の侵入を和らげ断熱効果が有ります。
格子入りプラマードU ②
今回、ykkap製内窓プラマードUを施工する事になりました。プラマードUは全て完全オーダー商品ですので、事前にきっちり採寸した寸法をメーカーに発注します。採寸が間違うと商品がロスになってしまいますので、現場採寸は重要な作業となります。取付はまず、縦枠左右、上部、下部枠と順番に電動ドライバーでビス止めしていきます。
格子入りプラマードU ③
枠のビス止めが全て完了しましたら、硝子障子部をはめ込んでいきます。
格子入りプラマードU ④
最後に下部にある戸車を上下させることで建付け調整して完成です。今回のプラマードUの硝子は和室用格子入り複層すり板硝子仕様をご採用頂きました。中空層に組子をはさみ込んだ複層硝子で、格子に埃がたまらずお手入れが不要です。今回の横繁吹寄格子と荒間格子仕様の2種類から選択可能です。
老健1
写真の左はお風呂場に入る建具で、廊下から脱衣所に入る建具です。右側はトイレの引戸です。
窓は小窓でスリガラス調の樹脂せいの窓です。
老健2
風呂場の暖簾は、お風呂の表示がはっきりと解るようにのれんが後日付けられてました。
老健3
この部屋はリネン室と洗濯室のドアです。基本的に職員の出入りが多い部屋も大きな窓を付けた建具にします。
高齢者の多い施設には不慮の事故防止の為の配慮です。当然この窓の素材も透明のアクリル板製です。
施錠もしっかりできるのと、複雑なキープランの打ち合わせを綿密にします。
職員の使用とご利用者の鍵などの打ち合わせなどです。
老健4
写真は、通気の為のガラリ部材です。樹脂製山形ガラリに扉と同じ柄の木目フィルムを張ってます。
ガラリには片流れと山形があり、この写真の山形は両面同じ形状をしてます。片流れの場合裏面から足元が少し見える為、取付け方向に気をつけなければいけません。
このタイプのガラリはガラリ1本、1本木目フィルムを張ってから組み立てしますので、少し納期の余裕が必要です。
before
スチールハンガー引き戸 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたスチールハンガー引き戸のお取替えの現場です。

お客様から「マンションの駐輪場の引き戸を閉めたら、鍵が自動でかかる扉に替えて欲しい。」とご要望を頂きました。

今回は、お客様のご希望の自動施錠が付いたスチールハンガー引き戸を製作致しました!
arrow_right
after
スチールハンガー引き戸 施工後
こちらが施工後の写真になります。

扉がグレーなのは、塗装仕上げ前の錆止め塗装の状態だからです

後ほど、塗装屋さんに塗装して頂きます
スチールハンガー引き戸 金物
まずは、古い扉の金物を外して、ドアを取り外します。

これは、上吊り用を戸車です。
スチールハンガー引き戸 本体取替
古い扉が外れたら、新しい扉を取り付けていきます。
ニュースター タイムストッパー
金物も新しい物と取り替えていきます。

この引き戸にはタイムストッパーという部品が付いていました

この部品は、油圧で引き戸を保持して、開けている状態保ちます。

その後、油圧が低下してくると引き戸を解放して引き戸が閉まってくる仕組みです
スチール引き戸 錠受け加工
今回のメインテーマである自動施錠の鍵を取り付けるために、既存の枠側に新しい鍵受けを取り付けていきます。

既存のスチール枠を切り欠き加工して、鍵受けを取り付ける空洞を作ります
スチール引き戸 施工後
最後に扉にハンドルと自動施錠錠を取り付けて、建付けの調整をすれば完成です

引き戸が閉まると、鍵も自動で閉まるようになりました!

スチール引き戸のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!