スタッフブログ

お風呂場が寒い
ヒートショックという言葉をよく耳にしますがご存じですか?
暖かい部屋から洗面所やトイレ、脱衣所、お風呂などの寒い場所に移動して急激な温度変化で血圧が変動することにより、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす事です
部屋の温度差
お家の中でも左の絵のように暖房が入っている場所とそうでない場所では10℃の温度差が生じます。


YKK AP HP より

お風呂の窓に内窓
寒さは窓からやってきます。
窓の冷気を抑える事が出来る、内窓(二重窓)をお風呂、脱衣所、洗面所やトイレの窓
に取り付ける事をお勧めします
折れ戸浴室
YKK APのプチリモ浴室ドアなら、万が一の時でも安心です。折れ戸ドアなら浴室で倒れている時でも緊急着脱機構があるので脱衣所側から折れ戸本体を取り外す事が出来るので安心です。
緊急脱着機構
折れ戸の上部レバーを操作すると本体が外れます。

内窓と共にこちらも一緒に取替のご検討をされてはいかがでしょうか?

before
ゴミ置き場 スチール引き戸
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたマンションのごみ置き場のスチール引き戸のお取替え現場です。

お客様から「ゴミ置き場のスチール引き戸が開け閉めがとても重くて大変なので、取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、引き戸がレールから脱線しておりまともに動きませんでした

また、スチール製の為かなり重量があって戻すのもかなり大変です!
arrow_right
after
アルミフロント引き戸 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、アルミ製の引き違い戸です!

アルミは、スチールに比べると腐食も少なく、軽いのでメンテナンスも楽になります

お取り付け方法は、既存のスチールの枠を残したまま、カバー工事でお取り付け致しました!
スチール引き戸 レール
こちらは、施工前のレールになります。

引き戸の戸車、レール共に傷んでいた為、脱線して引き戸は動かなくなっていました

今回は新しいアルミの枠を取り付ける為、レールをハツリ取って、新しい枠が入るところまで堀下げました!
既存スチール引き戸
こちらは、既存のスチール引き戸の上枠です。

今回は新しい枠を既存のスチール枠に溶接でお取り付け致しました

カバー工事は既存の枠の中に新しい枠をお取り付けする為、間口が少し狭くなってしまうのが、デメリットです。

しかし、既存の枠を撤去して補修する手間が無い為、施工も早く、リーズナブルな価格で引き戸のお取替えが出来ます!

スチール引き戸のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
before
浴室間仕切り 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたお風呂の間仕切りのお取り付けの現場です。

お客様から「トイレとお風呂の間を仕切る間仕切りを取り付けて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認するとお風呂とトイレが一部屋になっていて、誰かがお風呂に入っているとトイレに行けない状態でした
arrow_right
after
浴室アルミ間仕切り 施工後
今回お取り付けさせて頂いたのは、アルミフロント Fixです。

アルミのFixで間仕切ることで、お風呂の水をトイレに侵入することを防ぎます

また、Fix の中にはパネルを入れることで、目線も遮ります!
浴室アルミ間仕切り 施工前
こちらは施工前の下地の状態です。

今回は、お部屋とトイレの床の高さを合わしました。

お風呂は水仕舞いの為に、一段床が下がっています。
浴室アルミ間仕切り 施工後2
こちらは、お風呂側からの写真になります。

先ほどの木下地は、水が回らないようにアルミのカバーを製作してお取り付け致しました

枠と壁周りもコーキング材でシーリングしてありますので、水漏れの心配はありません!

間仕切りのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
before
フェンス施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたフェンスのお取替えの現場です。

お客様から「車庫の側面のフェンスが古くなったので取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。


arrow_right
after
YKK APシンプレオフェンス 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、YKK APシンプレオフェンスです!

既存のフェンスと同じようなデザインをご希望でしたので、縦の目隠しタイプをご提案致しました

フェンス 施工中
こちらは、フェンスお取替え中の写真になります。

まずは既存のフェンスを撤去して、ブロックにフェンスの柱を埋めるための穴を開けます

この穴あけ作業をコア抜きと言います。専用の特殊なドリルで穴を開けます!

穴が開いたら、そこにフェンスの柱を立てていきます。この時に柱が一直線に並んでいるようにしなければ、フェンスの本体を取り付ける事が出来ない為、しっかりと確認しながら柱を立てていきます
シンプレオフェンス 施工後
柱を立ててモルタルが固まったら、フェンス本体を取り付けていきます。

端っこの小さなフェンスは、大きな物を現場でカットして取り付けます

コーナーには、ジョイントする部品を使いきれいに仕上げます!

フェンスのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
キッチン背面収納1
キッチンの背面収納ですが、今回の収納は、カウンター下部収納の建具の製作で、事前に打ち合わせした大工さんの造作壁とカウンターと間仕切壁が完成したとのことで、現場採寸に行ってきました。
キッチン背面収納2
打ち合わせ通りカウンターの下部には3方向に枠材を取り付けされてました。枠の開口幅と高さを数カ所測りました。

キッチン背面3
会社に戻り作図をし、工場に図面を送り製作します。
扉の仕上げはホワイトのメラミン化粧板のマット仕上げになります。周辺のクロスに近い艶消しのホワイトの仕上げです。
キッチンの背面4
完成した建具の取り付けです。現地のカウンターは角の面取りも終え、塗装も出来て、周辺のクロスも仕上がってました。
下部のフロアレールを取り付け、カウンター下部にガイド金具を取り付け、扉のセットが完成しました。
キッチンの背面5
建具の作動テストをして、取り付け完了です。

過去のブログに天井までいっぱいの大型収納の施工事例を何度か、紹介させていただいておりますが、このように大きなカウンター付きの収納を作るのは、施主様がこだわりのお料理を作られるのが想像できます。
このように、妄想しながら家具、建具作りに工夫をしながら設計、製作、取り付けするのもこの仕事の愉しみのひとつです。

今年もブログの訪問ありがとうございました。

来年も良い年をお迎えくださいますように
お祈り申しあげます。
窓
吹田市の戸建ての住宅に全開放ワイドオープン窓とオーニング窓を取り付けて参りました。

設置場所は一階のテラスです。

ご依頼主様は窓でテラスをサンルームの様にしたいとのことでした。

掃出し窓から出ますと、すぐ隣は玄関に繋がっていました。

人目にも付きやすい場所ですので、窓を付けて目線除けも意味もあるそうです。

オーニング窓を取り付ける場所となります。

取り付けるにあたって、アルミの角柱をつなぎ合わせて
枠をご用意させていただきました。

枠をしっかりと壁面に固定し、その枠に窓サッシを取り付けていきます。
窓
オーニング窓は複数の細長いガラスを連ねて、ひとつのハンドルで開け閉めが出来るようにした窓です。

ハンドル操作で一度に複数の窓を開閉でき、窓の開き方を細かく調整することができます。

通気性も高く、窓を閉めますと機密性も確保することができる窓です。

窓
こちらには全開放ワイドオープン窓を取り付けます。

こちらもアルミ角柱で枠を作っており、そこに取り付けます。
窓
ワイドオープン窓はガラス障子を折りたたむことにより開閉する窓です

小スペースでも設置できますので、狭い場所でも取り付けられる場合がございます。

窓は種類や大きさを選べば様々な場所に設置できますので、是非私たちにご相談ください。

玄関引き戸 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした玄関引き戸お取替えの現場調査です。

お客様から「玄関引き戸が壊れて、開け閉めがしづらいので取り換えて欲しい。」とご要望を頂き、現場調査にお伺い致しました。
既存玄関引き戸 下枠
現状を確認すると、下枠についているステンレスのレールが外れて、引き戸がレールをうまく走らない状態になっていました

さらにレールがおかしくなっている為に、建付けもくるっていて、鍵が掛かりにくくなっていました
YKK AP ドアリモ玄関引き戸
今回オススメさせて頂いたのは、YKK APドアリモ玄関引き戸です!

ドアリモ玄関引き戸は、リフォーム用の玄関引き戸でお取替えは1日で完了します

デザインも和風な物から洋風の物まで多数ラインナップがあります!

YKK ドアリモ カバー工事
ドアリモはカバー工事という施工方法で、外壁や内装を壊さずに新しい玄関枠をお取り付け致します!

この施工方法の為、玄関のお取替えが1日で完了できるのです

古い枠は残っていますが、アルミのカバー材で覆ってしまいますので、古い枠が見えて残念ということもありません

玄関引き戸のお悩みはぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
和室1 腰窓
和室の窓の結露がひどくて困っているとご相談を頂きました。3階建ての戸建てでALCのお宅でした。断熱効果でるように家を建たので、そんなに寒くはないのだけれど、結露と電車の音が気になるとお困りでした。
和室1腰窓
障子のサッシの所が結露がひどく障子の敷居の所が傷んできそうで心配されていました。
障子
障子の紙がどうしても破れるので、自分でいつも張替るのもだんだん面倒くさくなってきたので、張替しなくて済むようなればうれしいとご希望でした。
和室1
3つの窓に内窓を取付させて頂きました
和室2
見た目も障子のようでキレイになったのと電車の音が随分聞こえなくなったのでよかったわーと喜んでいただけました
和室3
破れなくなったのも、すごくうれしいと言っておられました。

古い木製ドアの取り外し
クリニックの木製の引き戸が一つはガタガタするのとも引戸が2連の物がゆっくり閉まるようにしてほしいとご連絡をいただきました。
最初に木製の引き戸はオーダー製作になりますので採寸をしてポリエステル化粧合板の柄と色を選んで頂きます。
奥の戸の取り外し
木製の引き戸を吊りかえをします。こちらの写真は2連の引き戸です。今ついている引き戸を外します
レールの取り外し
2枚共引戸を外したらレールを外します。ゆっくり閉まるようにするレールを取り付ける為です(ソフトクローズと言います)
金物を取り外し
こちらは大きな1枚の引き戸を取り外す作業の写真です。こちらも金物を取り外してから大きな引き戸を外します。
片引き戸
大きな1枚の片引き戸の完成です。前の物と色が変えているのは受付の壁の色に合わせてほしいとのご希望で、木目も近いもので作製し取付をさせて頂きました。
ソフトクローズの戸
2連の引き戸も同じ木目調の色合いに統一してほしいとのご依頼で製作し取付をさせて頂きました。木製建具はオーダーですお客様の用途に合わせ製作できます。

採寸1
この現場は某住宅メーカーからのご依頼で木製建具を製作する為、現地調査にお伺いしてきました。
現地の状態は造作が完了していないカ所が沢山あり、採寸するのには、少し早いような状況です。
写真は洋室の片引戸の開口部です。
これから造作工事で枠材を取り付けるので、枠材の寸法を監督さんに聞いて、製作します。
採寸2
採寸の際、造作工事でとりつけする枠材の厚みも考慮します。
引戸採寸
写真は腰の高さから天井までの間に取りつく3枚引違戸の開口部の状況です。
採寸3
敷居の溝のサイズを測ります。
溝の間隔を細かく測り建具の厚みを決めます。

片引戸
その後、建具が完成し収まった片引き戸です。
仕上げは、シナ合板のクリアウレタン塗装仕上げです。
ナチュラル感は、家全体の素材とマッチしていい感じになりました。
最近の上吊り片引戸はソフトクローズタイプの戸車を使うのが人気です。上吊りで床との隙間に誇りなどが溜まりにくく、開閉の時戸先50mmから静かに閉じますので、指詰めがしにくく安全性に優れてます。
マンション プッシュプル錠
マンションの鍵交換したい。新しく中古マンションを購入されたお客様からでした。
分譲マンションの為 鍵を不安なので鍵を新しく取り替えたい!シリンダーの交換にて対応いたします。
マンションは分譲で玄関エントランスと家の鍵が1本のキーで開くタイプでした。
マンションのシリンダー
鍵のメーカーは、ゴールでした。マンションの住所で鍵メーカー様に登録がされていますので、そのマンションにあった仕様でオーダーいたします。こちらのシリンダーは特注です。1か月ほど出来上がるまでにかかります。
鉄扉用 シリンダー
家の外にトランクルーム的な扉についているシリンダーも交換いたします。この扉の鍵は単独キー注文いたします。

ゴール
鉄扉のフロントの刻印をを確認いたします。ゴール ASLXと刻印がありました。
シリンダーのみ交換いたします、
施工事例
施工事例をクリックしてください。当社の過去の施工事例がご覧いただけます。ご参考になさってくださいませ。
テラス屋根フラット型 (1)
ご自宅1Fのお庭にテラス屋根を取付したいとのご相談がありました。間口4.5M出巾2Mほどのサイズをご希望です。今回、YKKAP製テラス屋根ソラリアフラット型をご提案しましたところ、気に入って頂きご契約頂きました。
テラス屋根フラット型 (2)
施工中①材料は全て段ボール梱包されて搬入されます。たくさんのパーツを1つずつ組み合わせて完成させます。
テラス屋根フラット型 (3)
施工中②垂木掛け材をお家の壁に電動ドライバーでしっかりとビス止めして行きます。ビスの打ち込み部と垂木掛け上部には雨水の侵入を防ぐ為にコーキング処理をします。
テラス屋根フラット型 (4)
施工中③垂木・前桁・柱を取付したところです。だいぶ、形が見えてきました。
テラス屋根フラット型 (5)
施工中④垂木と垂木の間に野縁をビス止めします。屋根材取付面が平行になり、屋根自体のぐらつきがなくなります。
テラス屋根フラット型 (6)
施工中⑤屋根材を端から順番に取り付けていきます。
テラス屋根フラット型 (7)
施工中⑥屋根材全て取付ました。
テラス屋根フラット型 (8)
施工後 最後に前桁部の雨受けから雨樋を接合し柱に沿わせて地面近くまで降ろして完成となります。今回は既存の窓の色に合わせたブラウン色・屋根材は日射熱を和らげる、熱線遮断ポリカーボネート(クリアマット)を採用しました。
ダイノックシート貼 (1)
病院の受付カウンターです。カウンター上部・下部に樹脂製の角材を貼り付け装飾していましたが、長年の使用で汚れが目立つようになり、清潔感を出したいので取替てほしいとのご相談でした。今回、既存の樹脂製の部材を取り除き、代わりにダイノックシートを貼り付けるご提案を致しました。ダイノックシートとは本物の木質や本物の石などの素材に限りなく近づけた硬質塩ビタックシートで、建具やテーブルや机などの家具、扉などいろいろなものへ施工可能で、インテリア、エクステリアのみならず、今や建築やあらゆる装飾に欠かせない材料です。
ダイノックシート貼 (2)
施工中①既存の樹脂製角材を剥がしていきます。
ダイノックシート貼 (3)
施工中②カウンター上部、全て剥がし終わりました。
ダイノックシート貼 (4)
施工中③カウンター下部、全て剥がし終わりました。
ダイノックシート貼 (5)
施工中④ダイノックシートを綺麗に貼るために、新しいベニヤ板を貼り付けて凸凹の無い下地を製作していきます。
ダイノックシート貼 (6)
施工費⑤カウンター上部・下部とも下地材の張り付け完了です。ベニヤ板の切れ目はパテ材で埋め、平らに仕上げます。
ダイノックシート貼 (7)
施工後 ダイノックシートを貼って完成です。今回は明るい木目の材料をご選択されました。温かみがあり、清潔感もあり、病院の受付には最適だと思います。
LDKの窓
内窓を取り付けたのですが、これはいい!
全部屋に内窓を取り付けたい!!とご連絡をいただきました。

内窓を取り付けたことのあるOB様。お話がとてもスムーズに進みます。性能をよくご存じなので今回の次世代住宅ポイントで全部屋に内窓を・・・。
全てのお部屋に内窓を取り付けたらきっと効果があるのと、外からの音がかなり静かになると思います。
LDKの窓に内窓取付
このお部屋は、サッシは茶系ですが室内の内窓は、ホワイト色をお選び頂きました。

濃い茶系のサッシが、内窓を白くしただけでお部屋の窓廻りの印象が変わったと思いませんか??

極端な話、部屋ごとに内窓の色を変えてもいいのです。
内窓施工前の窓
お部屋の雰囲気により色をお選びいただけます。
内窓
同じお宅ですが、この部屋には濃い茶系の内窓をお選び頂きました。
インテリアに合わせて窓の内側を変えるとお部屋の印象はかなり違ってきます。
施工事例
施工事例をクリックしていただくと、当社の過去の施工事例をご覧いただけます。ご参考になさってください。
内窓の現物を見てみたい方は、メーカー様のショールームへ足をお運び頂くか、当社の窓にも内窓を取り付けてありますので、どうぞいらしてください。
片引戸1
クリニックの木製建具が完成しましたので、取り付けに行ってきました。
最初に大型の片引き戸の取り付けです。
このクリニックは医療ビルのテナントさんとして開業されていますので、大きな建具の場合、建物のエレベーターの中のサイズを確認し、搬入経路の確認が必要です。
幸いエレベーターは大きく問題なく運べました。
上吊レール1
上吊りレールの取り付けです。寸法は測ってましたので、会社でカットして用意しました。
ソフトクローズの部品も取り付けし、引き戸をセットし、調整ビスで建付け調整をします。
連動引戸
ハンドルの位置を考えながら取り付けしします。
下部の連動部品は写真に写ってませんが、しっかり図面を描いて、取り付け位置を決めてます。
連動金物
上吊りレールの取り付け位置の間隔も事前に作図して割り出ししてます。
2枚連動引戸
建具の調整を済ませて、完成です。
ご希望の表面材は先生のイメージ通りとのことで、満足していただけました。
建具の表面材は色や柄が豊富なので、メーカーの大きなサンプルを取り寄せて承認していただくようにしております。
同じ樹種のサンプルでも木目の柄が大きく違いがありますので、オーダー品の製作の場合大切な作業といえます。