スタッフブログ

少しだけ、木製建具の歴史について調べて事をまとめたので、簡単ですがご紹介させて頂きます。みなさんも、旅行先で、古い寺社仏閣などを訪れることが多いと思います。ゆっくり先人の技術の素晴らしさを観察して下さい。

建具の歴史

建具の歴史

暮らしの中に初めて登場した建具が平安時代に作られた「寝殿造り」と呼ばれる貴族の住居。(内部は一部を除き壁がなく、几帳や衝立で仕切られており、外部の仕切りは蔀戸を吊っていました)

桃山時代から江戸時代にかけて登場した「書院造り」。住宅の外部には明り障子を使用、板戸・雨戸で仕切られ、内部は襖、欄間や障子に意匠を凝らしています。デザイン的な組子や細工が施され、襖には鮮やかな絵が描かれるようになり、建具の実用性だけでなく、そのデザイン性も注目されるようになり、同時に、建具職人の匠の技術も注目されるようになりました。
明治以降は、海外からの技術を取り入れ、経済的で大量生産が可能なフラッシュ戸や気密性、断熱性に優れているアルミサッシ等が主流となりました。 

障子

障子

窓や障子などの建具や欄間の格子などを構成する細い桟で、

釘などを使わずに木を組む技術の事を言います歴史は飛鳥時代受け継がれてきた木工技術です。

襖(ふすま)

襖 説明図

木などでできた骨組みの両面に紙や布を張ったものでそれに縁や引手を付けたもの。和室の仕切りに使う建具の一つです。

は、襖紙・下貼り・引手・縁・骨などから、構成されています。


襖

その表紙を貼り替えて新しくすること出来ます。 敗れても張り替えることにより、綺麗にな状態に戻ります。張替をする時は以前と雰囲気を変えることができます。


従前の周囲框と縦・横の桟(組子)で障子のように組んだ組子襖以外に
新たに、「発泡スチロール芯」・「ダンボール芯」・「ハニカムコア芯」などの襖もあります

この襖は、襖紙の貼り替えが1~2回程度しか出来ないので注意が必要です

施工事例
木製建具の施工事例もございます。
ぜひご覧ください。

台風1
9月の台風被害の影響が11月の末になろうとしておりますが、私の犬のお散歩コースの中之島も復旧が遅れてまだこのような状況になっております。
公園の堤防から野球場を見渡した光景です。
台風2
広大な公園のあらゆる場所の樹木が倒れ、野球場や西側のテニスコートもまだ営業できない状況です。
当社にも住宅の屋根やバルコニーの修理依頼が殺到し、現在も工事修理に営業も、工事担当も毎日走り回っており、お客様にもお待ちいただいております。順次工事に回っております。
台風3
11月になってもまだ通行止めの区画があり、オリオンもなぜか、さみしい感じがいたします。
小枝1
公園の樹木は廃棄処分されるということで、焼却処分される樹木がかわいそうな気がいたします。
そこで、管理事務所の許可を頂き、小枝を数本いただき、犬のご飯のテーブルの足に再利用することにいたしました。小枝の樹木の種類はバラバラで、カエデ、桜、どんぐりの木(クヌギか樫?)を足にしました。
トレーの部分はそうめんの空き箱(桐製)を使いました。
小枝2
オリオンのテーブルの正面です。高さは大型犬(ラブラドールレトリバー)の為、高い足にしました。
一応フルオーダー(笑)のテーブルの為、高さピッタリサイズに仕上がり、毎日楽な姿勢でごはんを食べてます。
施工事例
キッチン1
写真のキッチン背面の収納の扉を閉じた状態です。
ホワイト鏡面の清潔感のある収納です。
メラミンの表面材は熱にも強く、汚れもほとんどの洗剤にも強く溶けたり、変色もしにくい素材です。
調味料や油汚れも落としやすい素材なので、長年にわたり美しい状態をキープいたしますので、このような場所での扉や壁面などに使用するのにふさわしい素材といえます。
キッチン2
写真は、収納の右側を開いた状態です。
引戸の巾約900高さ2400の天井いっぱいの収納庫ですす。収納量はかなりのもので、平均的な家庭のキッチン周りの用具類や食器にいたるまで、ほとんど収納できると好評です。
キッチン3
上部のアルミガイド材です。建具の鴨居の溝に相当する部材です。
キッチン4
床のフロアレールです。定期的にレール溝の拭き掃除をおすめいたします。いつまでも滑らかな走行をしてくれます。
3本の連装式なので埃がたまりにくいので、お手入れも楽です。
キッチン5
右下の端部にライトグレーの戸当りを付けてます。
角が丸くなったゴム製で足に優しいです。

冬のお困りごと

結露の窓
お客様より『冬になると窓に結露が出来てしまって困っています。』とよく、ご相談を頂きます。窓のサッシやカーテン、ひどいお宅では壁のクロスまでカビが生えているとお困りのお客様もいらっしゃいます。
カビが生えると体に悪影響を起こしてしましますよね!

結露の原因は?

結露の原因
お家の中では常に結露の卵となる、湿気が発生しています。生活する中でどうしても出てしまします。一番の対策は、換気をして、湿気を外に出すことです。窓の結露対策としておすすめさせて頂くのは、内窓を取付けることです。

結露のおすすめ対策

プラマードUマドリモ
YKK apの内窓(二重窓)がお勧めです。
今ある窓内側にもう一つ樹脂製の窓を取付けることにより、結露が軽減され、冬も夏も光熱費の省エネにつながります。内窓には断熱性に優れた、LOW-E複層ガラスにすることをお勧めします。

結露一枚ガラスアルミサッシ
結露がするとお家の窓がこんな状態になってませんか?
樹脂窓 LOW-Eガラス
プラマードUなどの樹脂の窓では結露が軽減されています。
比較の写真の様に少しでも結露が解消して、簡単な工事で取付が終わるプラマードUをこの冬の結露対策にお考えください。

ケヤキ1
お持込いただきました折戸のほぞ組みの写真です。
写真では小さくてわかりにくいですが、ほぞの貫通した部分に小さな木片が見えます。これは、ほぞに差し込んだ後、クサビが打ち込まれてます。クサビで強固にする技法は、接着剤や釘などをつかわないで、材料の木材が伐採されてから長い年月をかけて硬く締っていく木の性質を利用していることが、伺えます。このほぞ組みとクサビの組み合わせは、ヨーロッパの高級家具の椅子のホゾにも用いられて、地獄ホゾとも言われ、その接合部の強固さがうかがえます。
金具2
この金具は、鉄製で折戸の軸受蝶番です。鉄製のプレートが完全に引きちぎれてます。台風の威力の恐ろしさがうかがえます。
ケヤキ5
四方框の内側の鏡板と言われる部分です。
ここの木材も欅(ケヤキ)材の無垢で、三角の洗濯板のような、形状に掘り込まれてます。
欅材は街路樹によく見かける落葉樹ですが、硬い木材で耐久性もあるため、寺院などの柱などにも使われてます。

DSC_2367
写真は下部の落し金具で、古い手造り金具のようです。
施工事例
ケヤキ折戸1
9月の台風の影響で各地いろんな被害があり、色々な相談をお受けしております。そんな中、今回はお寺の折戸が風であおられ、吹き飛ばされたということで、お持込みされました。古い折戸で細工も凝っており、高価な木材で出来てます。
ケヤキ折戸2
折戸の軸受丁番の縦框部分が大きく破損してます。
材質はケヤキの無垢材です。
破損部に負担がかかる場所なので、タテ框を入れ替えるか、新しく新調するのか、高価な材料を使用されている為、慎重に調べていく必要があります。
ケヤキ3
丁番にあたる軸受部の金具の写真です。
この軸受蝶番は現在製作しているメーカーを見つけるのはなかなか難しそうです。棒材の部分は引きちぎられている為、溶接をし直すと、強度的にも弱そうです。
今回の修理依頼はかなり手ごわいです。
ケヤキ5
写真は裏面の状態です。裏面にも欅の無垢材をはめ込んであります。手の凝った細工が各所にみられます。
右下の鉄製の金具は、現在のフランス落しの機能金具いです。加治屋が作ったような質感があり、とても強固な造りなのがわかります。
リフォーム玄関
今回は高槻市内の某戸建て住宅現場において、玄関ドアを新しく取り替えさせていただきました

ご採用いただいた商品はYkk AP社製のリフォーム玄関ドア『ドアリモ』になります

こちらの商品は1日工事で最新の玄関に出来るんですよ

こちらの画像は玄関リフォーム前の画像になります

木製のドアで開閉時に下枠に擦れてしまっている状態でした
リフォーム玄関
こちらの画像は元々あった玄関枠(木製)のランマ部分やドア横の袖の部分の干渉する部位を撤去しているところの画像になります

他の部位が傷つかないように慎重に撤去していきました

全て撤去を終えた後、木屑などをキレイに掃除してから新しいアルミ製の玄関枠を取り付けていきました

この時に重要なのが建て付け(垂直と水平)をキッチリと出して固定していくことです

狂ってしまうと気密性能が保たれませんし、どこかが擦ってきてしまう可能性が出てきます

そうならないようにここは、慎重に位置決めを行っていきます
リフォーム玄関
こちらの画像が取り付け完成後の画像になります

申し訳ございませんが、今回は他業者による工事が連日続く現場でしたので、ダンボール養生を剥がすことが出来ませんでした

本体取り付け後に玄関サッシ周りに水密保持の為、コーキング工事を行っていきました

最後にカギの微調整をして完成です

お手軽リフォームで、すぐに快適なお住まいに返信できちゃいますよ

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

他現場の『玄関の施工事例』はこちらをご覧ください。
リフォーム玄関
目地入り建具2
センタードアの全体図です。上下のガラス窓の比率に気を使いました。ガラスの両サイドに縦に2本の目地を入れてます。1枚の細ガラスにすることも可能です。ドアの強度のことを考慮すると上下の框の幅はある程度必要です。
目地入り建具1
廊下からリビングにかけた片開きドアの窓の写真です。
上下に2か所の窓があります。その両サイドに樹脂製の底目地を埋め込んで、アクセントにしてます。以前の底目地は水性ペンキが多かったのですが、最近は樹脂製の目地材にサイズと色が豊富にありますので、樹脂製の目地棒が主流になってます。
他にも金属系のモノもあり、派手目のドアにすることも出来、デザインは無限にすることが出来ます。
目地入り建具3
写真は洗面室の上部明かり窓付きの片引き戸です。
明かり窓のガラスはカスミにしてました。
目地入り建具4
洗面室の鍵は表示錠が付いてます。
アクセントに目地をここにもいれてます。
ここのマンションのドアは全て目地入りにして、統一感をもたせてます。
施工事例
ドアリモ
玄関が暗く、冬寒く、夏はジメジメ暑いと困っていませんか?
玄関はお家の顔です。明るく冬は暖かく、夏は涼しい玄関が理想ですよね!
そんな玄関に少しでも近づけるには、玄関のドアを交換しませんか?
YKK apの【ドアリモ】でドアを交換するとたった一日の工事で新しく、明るく、暖かいドアに交換出来ますよ!
断熱の必要性
これから寒い冬になりますが、暖房をしていてもお家が寒いと思われた事はありませんか?それはどうしてかと言うと、左の絵の様窓やドアからせっかく温めた、空気を52%も逃がしてしまっているためです。
だから、窓やドアの断熱が必要なのです。
スリットのあるドア
暗い玄関もスリットのある玄関ドアに変えることにより玄関ドアから光が差し込み明るくなります。デザインによっては、通風のできるデザインもあるので夏は風を取り込むことも出来ます。
Tポイント
スマートコントロールキーによりドアの開け閉めが便利です。カード・リモコン・シールなどで施解錠できる電気錠でとても便利ですよ!
YKK apのドアリモで、玄関ドアを取替えるとTポイントが貰えるので大変お得だと思います。

施工事例
施工事例もご覧ください。

引出1
リビングに隣接した和室タタミコーナーの下部引出収納の採寸に行って来ました。引出のW・H・奥行を測って帰り、製作図を作図。家具の工場に図面を送り製作します。
寸法が左右数mm違いますので、隙間を微妙に修正します。
引出2
引出の内部は塗装無しのシナ合板の生地仕上げです。生地仕上げにする理由は、内部の湿気をある程度吸湿・放出するためです。引出の引手も今回搔き込み式になっており、引出の換気の為にも良いと思います。
引出3
引出のかきこみ部の拡大です。
換気の為と引出易さでは、には、大きい方が良いのですが、あまり大きすぎると、埃が入り易くなるため、ころ合いが微妙に難しいです。引出の前板部分の木口はメラミン材を貼り木口の強度を強くして耐久性を良くしてます。
引出4
開口寸法の隙間が左右と上部の3方向が揃うように、引出の内部にガイド材をとりつけしてます。
それと引出のコマの部分は、ソフトウレタンのコマを使用し、音鳴りを抑えるのと、フローリングの傷を出来るだけ少なくなるように、考えてます。
施工事例
雨戸取替え ガラス割れ替え
今回は吹田市内の某戸建て住宅現場において、台風によるガラス割れ替えと動かなくなった雨戸の取替え工事をさせていただきました

現場は元店舗で今はもう廃業しているとのことでした
元店舗だけあって、大きな店舗引戸がございました

こちらの画像がガラス取替え前の画像になります

台風の影響で中桟の上のガラス部分が割れている状態でした

お施主様のご希望により交換後はガラスではなく、硬質のパネルが良いとのことで全てパネルへと取替え工事をさせていただきました
雨戸取替え ガラス割れ替え
こちらの画像は雨戸取替え前の画像になります

木製の雨戸が半壊している状態でございました

風の力ってホント、すごいですね
雨戸取替え ガラス割れ替え
こちらの画像がガラスからパネルへと取替え終えた時の画像になります

これで割れることはありませんからお怪我をされることもございませんね


雨戸取替え ガラス割れ替え
こちらの画像がもう一箇所の店舗引戸と雨戸を取り替えた時の画像になります

雨戸もレールからすべてアルミ製の新品へと取替えましたので、とても軽くスムーズに動くようになりました
雨戸取替え ガラス割れ替え
こちらの画像は2階部分の雨戸も同様に傷んでおり、アルミ製の雨戸へと取り替えた画像になります

とても軽く動くようになったので、お客様に大変喜んでいただけました

このようにプチリフォームで安心と快適さがグーンと向上いたします

窓周りや玄関などでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

他現場の『雨戸やシャッターの施工事例』はこちらをご覧ください。
電動シャッター YKK
今回は高槻市内の某戸建て住宅現場において1階部分のウッドデッキ部の窓に電動シャッターを取り付けさせていただきました

現状の窓はクローゼットのように2つに折れて開閉される窓でございました

ウッドデッキ部に取り付けでしたから今回は『土間用のシャッター』でシャッター枠に下枠が無い(3方枠)を採用させていただきました

ですから、床面に凹凸が出てこなくつまずく心配もございませんね

こちらの画像はシャッター取り付け前の画像になります
電動シャッター YKK
こちらの画像がシャッター下地材とシャッター枠を取り付けた所の画像になります

垂直&水平を確認しながら丁寧に取り付けていきました

弊社がシャッター枠を取り付けた後、元請様手配の電気屋さんが配線の仕込み工事を行いました

その間は電気屋さんのお手伝いをして、業者間で協力しながら工事を進めていきました
電動シャッター YKK
こちらの画像がシャッター本体と電動シャッター配線の結線完了後の画像になります

電動シャッター設定を行った後、サッシ枠と外壁の間を止水コーキング工事を施していきました
電動シャッター YKK
こちらの画像が電動シャッター工事完了後の画像になります

大きなシャッターですから手動ですと毎日の開け閉めが大変です

このように大きな窓の時は電動シャッターをおススメいたします

窓を開けることなくリモコン操作でお手軽開閉が出来ますよ

朝晩の開け閉めがとても楽になります

お見積もりやご相談は無料でございます。
お気軽にお問い合わせください。

他現場の『シャッターの施工事例』はこちらをご覧ください。
浴室窓リフォーム
今回は豊中市内の某戸建て住宅現場において、在来浴室からユニットバスへとリフォームするのに伴い、窓も新しく取り替えさせていただきました

旧窓は大きな一枚ガラス(単板)の窓でしたから冬場の入浴時はとても寒かったとのことでした

もともとは幅の大きめな引違い型の窓が付いておりました

新しく取り付ける窓も引違い型の窓ですが、ユニットバスになることから窓幅は小さくなります

こちらの画像が新サッシ枠を取り付けた所の画像になります
浴室窓リフォーム
こちらの画像が新引違い窓取り付け完成画像になります

面格子はもともとの物を再利用とのことでした

面格子を残したままの窓取替え工事でしたから少しやりにくさがございましたが、そこは技術でカバーいたしました

窓の開閉もスムーズになりお施主様に大変喜んでいただきました
浴室窓リフォーム
こちらの画像が浴室内側からの窓全体画像になります

引違いの窓の両側に細長くガラスでは無い部分があると思いますが、ここは新ユニットバス工事後にユニットバスの壁内に隠れてしまう部分になります

カバー工事ですと、もともとの窓の幅とユニットバスの幅の関係上、どうしてもこのような納まりになってしまうんですね

ですから、新しくユニットバスが完成いたしますとガラス部分の引違い部分しか見えてはきません
浴室窓リフォーム
こちらの画像が外部側からの工事完成画像になります

外部の窓周りには雨水の浸入を防ぐ為、しっかりと止水施工を施しました

このように動きの悪い窓をプチリフォームで快適な最新の窓にお取替えすることが出来るんです

どうぞ、お気軽にお問い合わせください

他現場の『サッシリフォームの施工事例』はこちらをご覧ください
木製建具メンテ
当社で昔に作らせていただいた木製建具の玄関両引き分けです。
お寺の大きな硝子入りの玄関戸です。

一人では、持ち上げるのが大変です。
今回のような大きな重い建具のメンテナンスは、2人工で行います。
建具建付調整
大きな玄関硝子戸です。
厚みもあり重たいので戸車にも負担がかかっています。
長年の建具の重みと地震や台風の影響もあり建付が悪くなっていました。
木製建具です、かんなで削って高さを調整いたします。
木製建具メンテナンス
木の部材で高さや傾きを調整します。木製のいい所は木なので扱いやすい所です。
建具戸車
戸車に厚みをつけたいので。アルミ板を加工して調整いたします。

サイズをきちっと測ります。
木製建具修繕
戸車は、まだ十分使えそうでしたのでそのまま使用いたします。

建具調整
このような専用の部材はありませんので、職人さんの手により加工し製作してもらいました。

現場調査・下見をして悪い箇所を見てその場でメンテナンスできるものは対応できますが、特殊な戸車や錠などが悪くなっている場合は、すくに修理することはできませんのでお時間をいただき再度出直すことになります。

建付調整したことにより鍵の部分も多少位置が変わりましたので,戸締りできるように調整いたしました。
施工事例
施工事例をクリックしてください。当社の過去の施工事例がご覧いただけます。

ご参考になさってください。
シャッター工事
今回は箕面市内の某戸建て住宅現場において、2階ベランダ部のハキ出し窓に後付け型の手動シャッターを取り付けさせていただきました

他にも全面リフォームをされている現場で、まだお住まいではございませんでした

こちらの画像がシャッターを取り付ける前の状態になります

台風時などの安全面や留守にされる時などの防犯面でも、何も無いと心配ですね
cid_166e34f9b537961e9fc2
こちらの画像がシャッター枠を取り付けて終えた時の画像になります

シャッター枠と外壁の取り合い部には止水の為のコーキング工事を施していきました

同色系のコーキング材を使用しますので、あまり目立ってはこないですよ
リフォームシャッター 施工後
こちらの画像が取り付け完了後の外側からの画像になります

後付け感が感じられないと思いませんか

リフォーム用の商品ですからキレイに取り付けられるように設計されているんですよ
シャッター工事
こちらの画像が外部側からシャッターを閉じた時の画像になります

これで、台風など強風時の安全性能や留守にされる時の防犯性能が大幅に向上したこと間違い無ですね

ハキ出しサイズで大きいですが、とても軽やかに動かすことができます
シャッター工事
こちらの画像が室内側からの完成画像になります

一番下まで下げて閉め切った時には自動でカギがかかるようになっております

ですから、外部側からは開けることは出来ません

カギ部から黒い磁石付きのヒモが伸びており、このヒモを引くことでカギが開く構造になっております

磁石付きですからシャッタ部のどこでも引っ付けることが出来、カギを開ける時にしゃがむ必要もございませんね

このように手軽リフォームでお住まいを快適にされてみてはいかがでしょうか

ご質問やお見積もりは無料です

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

他現場の『シャッター工事の施工事例』はこちらをご覧ください。