スタッフブログ

gennkan
東淀川区の戸建住宅の玄関を取り替えて参りました。

現場のお宅は全面リフォーム中のお宅でした。

内壁などもすべて取り替えられるようで、大工さんが新しい階段などを作っておられました。

元の玄関は黒のシックな玄関でした

家の中はリフォーム中ですので、クロスが剥がされています。

他の場所では大工さんが作業中ですので邪魔をしないようにしていきます。
gennkan
今回はカバー工法での工事となります。

カバー工法は元の玄関枠の上から新しい玄関枠を取付ける工法になります。

元の玄関枠などを撤去しなくて済みますので、早く工事を進める事ができます。

今回の玄関は歪み少なく、調整材での傾きなどの調整が少なく済みました。
gennkan
前の黒い玄関と違い、今回はブラウン色の玄関になります。

黒のシックな雰囲気の玄関も良かったですが、ブラウンの玄関は暖かい印象が強くなりますね。

写真の玄関の縁が分かりますでしょうか。
黒い部分は元の玄関枠です。

このままでは元の玄関枠も見えていますし、何より隙間風が入ります。
gennkan
そこで額縁と言うものを使います。

玄関の左右と上側に額縁を取付けます。

これで元の玄関枠は隠れますし、額縁と壁との間をコーキングで埋める事により隙間風なども無くしてしまいます。
gennkan
しっかりと後片付けをしまして作業は終了となります。

ウッド模様が素敵な玄関になりました。

リフォームと同時に玄関を替える方は多いです。

もちろん玄関だけ替える方もいらっしゃるので一度ご検討されてはいかがでしょうか
収納1
今回はキッチンの背面に取り付ける背面収納の3枚引き違い戸の現地調査に行ってきました。
建具は袖壁の右側に取り付けします。
収納2
袖壁の上部の状況です。天井の高さに段差があり、奥の天井に引き戸を3枚納めるようになります。
床から天井までの高さが違うので、気を付けて測らなければなりません。天井高さ、下がり天井の高さ、袖壁の厚みなどを出来るだけ正確に測ります。
収納3
間仕切壁の正面の下に巾木を張らないように、事前に監督さんにお願いしてましたので、打ち合わせ通りに出来てました。
収納4
上部の間仕切り壁と天井との隙間も3枚引き違い戸が十分納まるようになってました。
右側も天井高さを測ります。左の天井の高さと、右側の天井の高さは2~3mm違う場合があるからです。
収納5
右側面の壁も問題なく出来てました。
この現場のように、壁や天井の状況がシンプルな状態でも、1ヶ所、1ヶ所丁寧に見て、採寸していきます。気を抜くと思わぬ落とし穴があります。
最後に全体の寸法を各所再度測って帰ります。

施工事例
parts_114
DSC_3532
本日ご紹介するのは、先日お伺いした窓のカバー工事の現場です。

お客様から「窓が古くなって、開け閉めしにくいので替えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状は、年代物のサッシが付いていて動きも良くありませんでした…
parts_123
parts_116
DSC_3986
今回オススメさせて頂いたのは、窓のカバー工事です。

窓をお取替えする場合、従来であれば外壁を切って窓を取り外してから、新しい窓取り付けていました。

この方法だと、外壁や内部の仕上げが窓の工事とは別に必要になります。

しかし今回オススメさせて頂いたカバー工事だと、既存の窓枠は残したまま新しい窓にお取替えできるので、外壁や内装の工事が必要ありません!

その分価格もリーズナブルに窓のお取替えが出来ます
DSC_3963
こちらはカバー工事の施工中の写真になります。

まず、既存の窓の障子(窓の動く部分の事)を取り外して、新しい窓を取り付ける為の下地を取り付けていきます。
DSC_3973
下地が取付出来たら、新しい窓の枠を取り付けていきます。

この時、新しい窓の枠が水平、垂直になるように計測しながら取り付けていきます

これを怠るとせっかくの新しい窓に早期に不具合がでる可能性があります
DSC_3981
最後に枠周りをコーキング処理します。

内部、外部共にコーキング処理をして雨の侵入を防ぎます!
DSC_3994
障子を建て込んだら完成です。

今回はお家のイメージを変える為に、シルバーからブラックにお客様が変更されました。

ガラス1枚ガラスから複層ガラスになりましたので、既存のサッシより気密性、断熱性共に向上しています

窓のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
amado
長岡京市の戸建住宅の二階に雨戸を取付けて参りました。

ご依頼主様は新しく雨戸を取付けられることにしたそうです。

台風などの時にお役に立ちますのでとてもいいことだと思います。

天気は清々しい日本晴れでした。

秋口になり寒くなってくるはずなのですが…

この日は気温も高く、日に当たっていると汗ばむほどでした。

新しく雨戸を取付ける場所は二階の四枚建ての窓でした。
amado
作業場所はとても広く作業がしやすい場所でした。

ただ、日当たりが良い部屋でしたので、日光が目に入り眩しかったです。

通りに面している部屋でしたので、強い風の日などは物が飛んでくる可能性もありますので雨戸を取付けるのは良いことだと思います。
amado
今回取付ける雨戸は豊栄雨戸の簡易カバー工法の雨戸となります。

取付けたい箇所の上下にアルミのコの字レールを取付けます。

左右どちらかに雨戸を収納して置くための戸袋を取付けるだけの工事です。

ちょっとのスペースがあれば取付けが可能ですので、お気になる方は詳しくお調べください。

amado
雨戸を取付けますとあれほど明るかった部屋もこれほど暗くなりますね。

これはしっかりと窓を雨戸で守れているので、少々の風や物が飛んできた場合も安心できますね。
amado
外から見るとこのような感じの施工になります。

しっかりと窓を守れていていい感じです。

外観なども気になりませんね。

雨戸を取付けますと台風や風の強い日でも安心ですので、お気になる方は一度
ご検討してください。

ご相談をいただけましたら真摯に対応させて頂きます。
DSC_1475
東大阪市の戸建住宅ベランダに目隠しを取付けて参りました。

ベランダが広くて使いやすいのは良いことですが、ふと視線が気になったことはございませんか。

お隣やお向かいなど気にしすぎかもしれませんが気になるのは仕方がないですね。

そのため今回取付けたのは目隠しになります。

ベランダの左右に取付けまして、気になる視線を遮りましょう。

DSC_1474
工事当日は一日中雨が降るお天気でした。

今回はベランダの屋根が広く、多少の雨程度でしたら問題なく施工が出来ましたので施工となりました。

ただ、屋根が付いていてもその日の雨や風の強さなどでは延期になる場合もございますのでご了承をお願いします。


DSC_1482
今回は左右の柱と壁に目隠しを固定することになりました。

柱の方は付属の部品を使って固定することができました。

壁の方は付属の部品ではうまく取付けられることができませんでしたので、L型のアルミを使いまして壁に固定させて頂きました。
DSC_1479
しっかりと壁と柱に固定されているためビクともしません。

お客様も台風などで吹き飛んでしまわないかをご心配されていました。

しっかりと固定された目隠しを見て安心しておられ、ご好評を頂きました。

DSC_14881
ベランダの左右に立派な目隠しができました。

これならお隣の視線は気になりませんね。

今回の工事は半日ほどとなりましたのでお昼には終わりました。

窓やその周辺で何かお困りごとがありましたら何かお力になれるかもしれません。

小さなことでもかまいませんので何かありましたらぜひご相談をお願いします。

洗面化粧台交換1
吹田市のお客様から洗面化粧台の交換をご依頼いただきました。TOTOの洗面化粧台をご採用いただき交換工事を行ないました。洗面化粧台交換工事の様子をご紹介いたします。
洗面化粧台交換2
最初に従来の洗面化粧台を解体撤去しまっした。
洗面化粧台交換3
給排水の配管工事の後、新しい洗面化粧台を組み立て設置していきます。今回はシステム収納付きのTOTOの洗面化粧台でした。
箱モノが多かったので取付も時間が掛かりました。
洗面化粧台交換4
箱モノを取り付けしたら、扉や引き出しの取付けです。
洗面化粧台交換5
洗面化粧台の交換工事完了です。ミディアムオーク色の木目の表面材がカッコイイです。
スッキリキレイに納まりました。
洗面化粧台の交換工事もMADOショップ吹田中央店へご相談ください。
浴室介護改修1
吹田市にて介護改修を利用した浴室リフォーム工事の様子をご紹介いたします。工事初日に従来の浴室を解体撤去してユニットバスを設置する床のモルタル基礎打設までを前回ご紹介しましたが、その続きの工事を写真も交えてご紹介いたします。
浴室介護改修2
床モルタル打設、給排水の配管も終わりいよいよユニットバス設置です。ユニットバスの部材がトラックで到着し搬入し、組み立て設置開始です。今回はTOTOのユニットバスをご採用いただきました。
浴室介護改修3
床パネル設置に始まり、浴槽、壁パネル設置、天井パネル設置と工事が進み、窓枠や手すりなどを取り付けていきます。
浴室介護改修4
2人の職人さんが手際よく工事していきます。
浴室介護改修5
最後に、隙間部分にコーキングを打って防水し工事完了です。
浴室介護改修6
窓の部分もこのようにきれいに納まりました。
浴室介護改修7
壁パネルはホワイトをアクセントパネルに木目のパネルの仕様をお客様にショールームにてお選びいただきました。手すりも4箇所取り付けましたし、浴室暖房、浴室乾燥も天井に取り付けました。浴室暖房は、寒くなる冬の季節には、ヒートショック対策にもなります。介護保険を利用した住宅改修工事もMADOショップ吹田中央店へご依頼ください。
浴室握り玉錠
浴室握り玉締まりが悪く交換のご依頼を受けました。吹田市のある賃貸マンションです。
現状は、AGEというメーカーの握り玉錠が取り付けてありました。1度交換をされていたようです。
AGEは、日中製作所様の製品です。同じ物があるか調べてみます。
取付前の確認
取り替えるにあたり、
大事なポイントが3点あります、
①バックセットが同じ事。
左の写真をご覧ください。扉の端から握り玉なら中心、握り玉の中心がバックセットサイズになります。
②バックセットとフロント部分のビスピッチも同じ事。
大事な採寸ポイントになります。
ラッチとは、扉と枠の部分に左の写真のように扉を閉めたら頭がペコっと出て、扉が開かない様になる部分です。ラッチのカバー(フロント)には、メーカーの刻印が掘ってあることが多く、鍵メーカー様の特定ができる部分となります。
③ドアの厚みを測る事。

①~③の条件をクリアした物を探すのです。見た目に同じなら何でも良いと事ではありません。

扉の厚みが厚いのに用意した鍵のドア厚みに対応した寸法が足りなければ、交換できませんので必ず確認しなくてはなりません。
レバーへ取替可能な握玉錠は
このレバーハンドルの良い所は、チューブラ錠と円筒錠と両方の握り玉に対応しているのです。

見た目は、チューブラ錠と円筒錠と見分けが難しいです。
日中製作所レバー
同じ握り玉錠でなくレバーハンドルの物になるようです。
握り玉錠からレバーへ交換になることを賃貸オーナー様にご説明し了解を得ます。
同じメーカー日中製作所様の製品です。
バックセット90㎜
フロントのビスピッチも41㎜で同じでした。

日中AGE 221-SB-90
注文して現物が入荷しました。このレバーハンドルで取替をいたします。
入居者様も握り玉錠からレバーハンドル錠へ交換できっと開け閉めはしやすくなると思います。
ご年配者様は、だんだんと握力が弱くなり握り玉は使いづらいようです。
握り玉からレバーハンドルへ交換のお問い合わせは結構多いのです。室内ドアのレバーへ交換をお考えのご年配者様のお問合せも数日前にもありました。浴室用なので、ラッチ部分もステンレス製です。さびにくい工夫がされています。
空錠タイプで鍵がかかり閉じ込めの心配もなさそうです。

IMG_0240
浴室握り玉錠からレバーハンドルに取替工事に行ってきました。この握り玉錠も取り替えてありました。
IMG_02391
既存の取替てあった握り玉錠と同じメーカーのレバーハンドル空錠で交換しましたら、賃貸マンションの住居者様には、レバーハンドルになったので大変喜んでいただけました
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。
過去の当社の施工事例がご覧いただけます。どうぞご参考になさって下さいませ。


木製クローゼット特注
現在スチール製のクローゼット扉が取り付けてあります。
木星のクローゼット扉へ交換依頼を頂きました。
クローゼット用の扉は、フラッシュ戸を2枚作り丁番・引手を取り付けます。丁番は3枚取り付け、
ロング手掛り(引手)は、1つ取り付けました。
クローゼットにするためにレール、上下に取り付ける金物を現場にてセットし取り付けます。
会社の作業場で出来る作業は、前もって取付しておきますと現場で段取良く取り付ける事ができます。

木製クローゼット丁番
アトムのクローゼット丁番です。
一つの扉に上下真ん中と3個取り付けます。
クローゼット引手
クローゼットの引手は、掘り込み引手を取り付けました。
掴むタイプの引手も良いのですが、経年劣化で折れる事もあります、その点掘り込み引手でるとトラブルが少ないように思います。引手は開け閉めしやすいように少し大きめの物にしてあります。
クローゼット引手
クローゼットに、引手を掘り込み加工をし落とし込みます。
掘り込み引手の良い所は、引手が出ていないので引っかかる心配はありません。

建具の面材も、ホワイト系でも 少し暖色かかってるので、優しい感じがします。

今回の使用した金物は、すべてアトム製のです。
スチールCL扉
施工前の写真です。
既存のクローゼット扉は、昔のマンションに多く見られる スチール製の物でした。


木製クローゼット取付
施工後の写真です。

スチール製扉から
オーダーメイドの木製クローゼット扉+レール交換いたしました。
面材の色は、アイボリー系ですが、少しオレンジががかった温かみのある色でした。
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてみてください。
過去の当社の施工事例をご覧いただくことが出来ますので、どうぞご参考になさくださいませ。
浴室リフォーム1
吹田市のお客様からのご依頼で介護保険を利用した住宅改修で在来工法の浴室をユニットバスに交換するリフォーム工事を着工しました。
浴室リフォーム2
浴室入口の段差解消、滑りにくい床への変更、浴室内部への手すり設置、浴槽のマタギ部分の高さの差を解消などがこの浴室リフォームにて行われます。本日は、着工初日でしたので従来の浴室の解体撤去から始まりました。
浴室リフォーム3
浴槽を解体撤去していきます。
浴室リフォーム4
浴槽が撤去出来たら、床の邪魔になるモルタルを斫って撤去していきます。
浴室リフォーム5
天井や壁も新しいユニットバスが設置できるのに必要な寸法を確保するために、部分的に撤去します。
浴室リフォーム6
浴槽の下のモルタルが撤去出来たら、洗い場の床のタイルも斫って撤去し、その下にあるモルタルも斫って撤去します。
浴室リフォーム7
壁のタイル面も部分的に撤去しました。
浴室リフォーム8
撤去が終わると床に新しくモルタルを打設し、ユニットバスを設置する基礎にします。初日の工事は、これで終了です。床のモルタルを固めるためにひと晩このままで養生します。2日目からの引き続き浴室リフォーム工事は、後日ご紹介いたします。
内窓和紙調 施工前
部屋が寒いです。どうにかならないのかな?
とお悩みの方もいらしゃる事と思います。

10月第三目の土曜日急に雨が降り、寒くなってきました。
これから寒くなりますので、内窓をご検討されてみては?
ガラス窓の近くは、とても寒くなかなか温まりませんね。寒さの原因のほとんどは「窓」。窓は、熱の出入りが一番多い場所だからです。ですから、窓の断熱をすると効果を実感すことが出来るのです。

樹脂製の内窓を1枚取り付ける事でかなり部屋の体感温度が変わりますよ。暖房の効きが高まります。
内窓和紙調 施工中
窓のリフォームですが、お部屋内に内窓を取り付けすので工事も取付時間も短くて済みます。内窓にも鍵が付きますので防犯面でも安心ですね。
内窓和紙調
和室の紙貼り障子を内窓にすることにより、障子紙を貼る作業がなくなります。硝子も和紙調のシートが貼ってありますので、飛散防止フィルムの役目もあります。

なんといっても結露が減って掃除の回数が減ります。防音性もUPします。
内窓和紙調
和室の内窓の取付後の写真です。パッと見は、紙貼り障子かと思うくらいの出来栄えです

内窓 窓を2枚取り付ける事で、多少の開け閉めのわずらわしさはでますが、そのわずらわしさより効果がありますので、大変満足度の高い製品になります。これがオススメしたい理由でもあります。

家族みんなが健康で暮らせる家が理想ですね。
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。過去の当社の施工事例の写真をご覧いただくことが出来ますので、どうぞご参考になさってくださいませ。
玄関コンシェルジュアプリL
LIXL玄関ドア リシェントは、今ある玄関ドアと取替が1日で出来るカバー工法の玄関ドアですリシェントなら、壁を壊さずに1日でリフォームが完了します。1日でリフォームできる秘密は・・・「カバー工法」です。カバー工法とは、今ある玄関の枠の上から、新しい枠を取付るだけ!壁や床を傷つける心配もありません!

LIXILの玄関コンシェルジュというアプリを取れば、ご自宅の玄関取替工事のイメージを簡単に見る事が出来るのです。

LIXIL玄関コンシェルジュ
①スピーディー
1日で完了するので、何日も立ち会う必要がありません。

②ローコスト
大がかりな工事が必要ないので、費用を軽減できます。

③ストレスフリー
騒音や粉塵を抑えて、ご家族やご近所のストレスも最小限に抑える事ができます。


LIXIL玄関ドアリシェント
お好みのデザインが選べます。豊富なデザインがいっぱいです。
カタログより 施工事例集です。玄関が明るくなりますね。

かんたん合成アプリを使って、スマホで現状の玄関ドア廻りを撮ります。お好きなデザインを選んで頂きますと合成写真にてイメージが見る事が出来ます。
LIXILリシェント玄関ドア
スマホアプリで簡単に施工後のイメージ写真が見れるので、イメージ写真が気に入れば お見積もりをさせて頂きますので、お問い合わせくださいね。

コロナ禍で自然換気を実行されているお宅が多い事でしょう。玄関ドアにも通風機能が付いたドアも売り出されています。同じ新しくとお悩みのお客様、通風できる玄関ドアも是非ご検討くださいませ。
LIXIL玄関ドアリシャント防犯
LIXIL玄関ドア リシェントは防犯対策も、しっかりと考えられています。

アプリでイメージが付きましたら、是非現物を見に今度は、ショールームへ行き現物を目で確認されてみては?いかがでしょうか?コロナの影響で密を避けるためにご面倒ですが、ショールムへは予約にてお出かけくださいませ。
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。
過去の当社の施工事例の写真をご覧いただくことができますので、どうぞご参考になさってくださいませ。
介護改修下見1
吹田市のお客様から介護保険を利用した住宅改修の浴室リフォームのご相談をいただきました。
介護改修下見2
お客様のお家は、在来工法の浴室でしたので、洗面から浴室の入り口の床の段差が4cmほどありました。
介護改修下見3
浴室内部側の床段差は11cmくらいありました。在来工法の浴室では水を洗面所に行かせないために、このような段差が作ってあるのが普通です。しかし、高齢になってくるとこのような段差があると店頭の原因になってしまいます。
介護改修下見6
洗面所側からも浴室側からも段差がありました。まずこちらの段差解消は必要です。
また、浴室内の適正な箇所に手すりの取り付けをご提案する予定です。
介護改修下見4
あとは、浴槽の深さの問題です。
こちらのお家の浴槽のマタギの高さは25cmです。しかしながら浴槽内からのマタギの高さは65cm。40cmも違います。
介護改修下見5
40cmも深さが違うと浴槽に入る際に前のめりになるので大変危険です。現在のユニットバスでは、マタギの高さは洗い場側からも浴槽内からも同じになっています。今回の浴室のリフォームの提案では、ユニットバスをご提案する予定です。介護保険を利用した浴室改修のご相談は、MADOショップ吹田中央店へお気軽にお寄せください。