お部屋の開閉しづらく困っていた引戸を取替工事に伺いました。兵庫県宝塚市

木製引戸
本日は木製ガラス引戸の取替工事に伺いました。まずは既存、木製ガラス引戸を取り外し、下枠レールに敷いている戸スベリ(引戸が滑りやすくする材料)も取り外します。
室内引戸
その後は引戸枠の幅と高さを採寸します。その後に戸スベリを外した箇所にアルミフラッターレールを両面テープにて貼り付けします。
フラッターレール
写真に写っているレールがアルミフラッターレールです。以前の物と違い、開閉が楽になります。
カンナ
その後はいよいよ木製ガラス引戸の加工に入って行きます。まずは新しい引戸を枠に合わせ、上下の隙間を確認します。確認後にノコギリ切ったり、カンナで削ったりして、建て付けを合わせながら調整します。そして戸車を取付して、実際に建て込み、さらに微調整をします。この加工を4枚行います。今回は敷居の高さが左右で20mm違っていた為、工夫して加工を行いました。
室内引戸
4枚木製ガラス引戸取替工事の完成です。施工後、施主様から以前は開閉しづらなかったのが、信じられない程、軽い、ラクラクに動くとの事でした。兵庫県宝塚市
収納棚
キッチン横の収納棚の木製引戸も取替させて頂きました。

※室内引戸、開きドアが開閉しづらい、老朽化でお困りの方は気軽に弊社まで問い合わせ下さい。