雨水が窓の下レールにたまる。大阪府吹田市

内窓施工前
台風による暴風・大雨がここ最近とても多いですね。

強い雨の日に窓の下レールに水が溜まっていたり、ゴボゴボと沸くように雨水が入ってきて、とても怖い思いをされた方もいるのではないでしょうか?
水密構造
住宅用のサッシは左のような構造になっています。

外からの風圧などによって下枠内に水が入り込み、下枠内部に水がたまっていきます。

ある程度水が溜まるとB部分で水を押し返す力がはたらきます。

雨の日にレールに水が溜まるのはこうした水密構造と呼ばれるサッシの構造によるものなんです。


内窓
通常の雨風では、室内にまで水が溢れることは少ないですが、窓の性能を超えた強い雨風ではレールから水が溢れてしまう場合があります。

窓の不具合ではありませんのでご安心ください。


台風など強い雨風が予想されるときは、念のため濡れて困るものは窓際から避けておいたほうがいいかもしれませんね。

お困りごと・お悩みごとはお気軽にご相談ください。


施工事例