木製の勝手口、防犯面が不安です。最新勝手口ドアに取替え工事! 大阪府吹田市

防犯性を確保!!最新の勝手口ドアに!

before
木製 勝手口
arrow_right
after
勝手口 カバー工事
お客様からの要望
・木製ドアで防犯的に不安です

・風も取り込みたい

当社としては、LIXIL リシェント 勝手口ドアタイプをご提案致しました。
壁工事等一切不要で、たった半日での工事が可能です。

現場調査

勝手口ドア
木製の勝手口ドアが取り付けられていました。鍵も簡易なものでしかなく、防犯的に不安があります。枠の新設は、既存の枠の内側に取り付けます。

勝手口ドア
既存の下部は土間のコンクリート面がフラットです。リシェントを入れる場合は、2~3cm程立ち上がりが出来てしまいます。
木製勝手口ドア
枠のたちが悪く、上と下で15mm以上の寸法のずれがあります。この場合は、最小値で寸法を押さえ、上と下の隙間の違いはこーキング剤を打ちある程度違和感をなくします。

木製勝手口ドア
レベルも少し悪く、下部真ん中少し下がっていました。パッキンをかまして調整します。


施工中

リシェント 勝手口
枠をのレベル、たち等を調整しながら、新設の枠を取り付けています。
リシェント 勝手口
上と下でかましているパッキンの違いを見ればわかりますが、かなり上と下とで寸法の違いがあります。

完成後

リシェント
完成後の写真になります。

リシェント ブロンズ色 菱クロスタイプをご選択頂きました。ガラスは防犯ガラスに仕様になっています。また、ドア閉めたままの風を室内に取り込めます。

見積・現場調査は無料で行っています。お気軽にご相談くささい。