西宮市 キッチン背面収納の引違戸が仕上がったので、取り付けに行ってきました。

キッチン1
引違戸が出来上がったので、まずは搬入の為、現場の整理整頓からスタートです。他の業者さんの材料とかの移動をします。
P1010704
下部に戸車を取り付けします。
キッチン4
上部のガイド用金具をビス止めし、下部はフロアレールを付けます。規格サイズの長さなので、現地合わせにてカットし取り付けします。
キッチン3
レールにはめ込んだ引き戸の建付け調整をしながら、走行の確認をします。引違戸2枚の走行が滑らかになるまで下部のフロアレールの位置を微調整します。
位置が決まればすべてのビスを固定していきます。
キッチン5
建具は基本的に右側の建具が手前にきます。
今回も右手前になります。右の端部が壁にかぶる形の納まりになるためレールの右に転がり防止のゴム製の戸当たりを取り付けします。
キッチン6
取り付けが完成しました。
建具の表面材はメラミンマット仕上げです。
メラミン材は固い表面材なので耐久性があるのでキッチン回りには最適な表面材です。