西宮市 キッチン背面の収納引き違い戸の制作、取り付けしてきました。

DSCN6709-e1621319588603

今回は西宮市の新築物件のキッチン背面に造られた収納の引き違い戸が出来上がりましたので取り付けに行って来ました。


DSCN6706

現場はクロスなども綺麗に仕上がってましたので道具や建具を運び込む前にしっかりと養生していきます。

建具は幅90cm、高さ2m30cmほどあるので壁などを傷つけないように運び込むのも大変です。

DSCN6710

まずは天井にアルミ製のガイドレールを床のフロアレールの溝の中心に合うように位置出しをして等間隔で取り付けしていきます。

3m近くある長いレールを等間隔にビス止めしていく為、職人さんお手製の治具を使って取り付けします。


DSCN6711

次に壁に沿って切り欠き加工したアルミレールを取り付けていきます。

レールの位置がある程度決まったら先に建具を建て込み、建具の動きをみながらレールをビス止めしていきます。

DSCN6712

取り付けが完了しました。

最後に繰り返し開け閉めの確認をしながら、建具下に付いている戸車で建付け調整していきます。

DSCN6717

今回の引き違い戸の建具の表面材は艶消しのホワイト色のメラミン化粧板を使用しました。

メラミン化粧板は熱・傷・汚れに強く、油汚れにも強いのでお手入れしやすい素材です。

普段のお手入れは水拭きで、油汚れには柔らかい布やスポンジに中性洗剤をつけてふき取ってください。市販の台所用品のメラミンスポンジも効果があります。