LIXIL製リフォーム玄関ドアリシェント取付完了しました。

玄関ドア①
施工前 既存,木製ランマ付き袖FIX玄関ドアが長年の使用で表面部が色あせ、下部は所々腐食も進んでいました。錠もサムラッチハンドルで施解錠がしにくくなっていました。今回、LIXIL製リフォーム玄関ドアリシェントランマ付き親子ドア仕様を取付る事となりました。
玄関ドア②
施工中① まず、既存のドアを取り外し、次に、ランマガラス部、無目材、袖ガラス部を鋸等で切断し新設ドア枠が入る様に処理します。
玄関ドア③
施工中② 綺麗に下地処理した場所に新設のドア枠をレーザー、下げ振り等で縦・横の歪みの無い様に取付ます。
玄関ドア④
施工後 枠を歪みの無い様に取付後、親扉・子扉を吊り込みます。最後に古い既存枠を覆う様に新しい額縁を取付、コーキング処理をします。この様に既存が木製であっても、また、もちろんアルミ製であっても1日で取り替える事が可能ですので、お気軽にご相談下さい。