木製建具 高級な格子戸 硝子割れ替え 大阪府吹田市

01620
年季が入った木製建具 格子戸です。
後ろの硝子押さえが1本通しですが なかなか抜けません。

ベテランの職人さんの手にも負えません 悪戦苦闘中
02018
お客様の許可えて 横残の見えない継ぎ目で のこぎりを使いカットさせていただきました
02211
なんとか硝子を外すことが出来ました。

同じ寸法の、大至急 アクリル板を手配いたします。
02311
外つらかったので少ししゃくらせて頂きました。


0287
檜です。削りかすもとても上品な良い香りがします。

天然木は、何十年たっても良い香りがするのにびっくりです。
02513
上段左側 すこし薄く透けていますが、パッと見は 同じような雰囲気に仕上がりました。

廃盤で同じ硝子が手に入りません。この方法しかなかったのです。
0343
腰付の格子戸です。足元がガラスでは、蹴ってしまうと危ないのでこのデザインを選ばれていますのがわかります。
0317
こちらの格子は、組子です。
0299
こちらは、1本通しの横桟です。職人の粋な計らいのデザインですね。

よく見ると、格子は蒲鉾方に上がアールになっています。
優しく見えるのは、丸みを帯びているからですね。

職人さんの心遣いに感動です。
欅
この建具は、日本産の材木が使われているでしょうね。間違いないと思います。とベテランの建具職人も申しておりました。

格子部分は、檜(ひのき)ですが・・・
腰板の部分は、1枚板の欅(けやき)です。

贅沢な高級建具です。
大事にこれからも使ってください。
木製建具などのお悩み事は、なんでもご相談くださいませ。
お見積りは無料となっております。