”樹脂窓” ご存知ですか? MADOショップ吹田中央店

樹脂窓とは
樹脂窓とは、窓の枠が樹脂で出来ているものを言います。サッシと言えばアルミ製が主流になってますが、次世代のサッシは樹脂製です。熱の出入りを抑えるので結露も抑えてくれます。
YKK 樹脂窓の歴史
日本ではあまり樹脂サッシが主流ではありませんが、ドイツでは50年以上も前から使用されています。YKK apは1982年にプラマード発売を開始しており30年以上の歴史があります。中国では2001年から発売され30%の普及率ですアメリカでも、2008年からの発売で、普及率は65%もあり、ドイツの64%の普及率を抜いています。日本では17%の普及率しかありません。海外は断熱基準が高い分普及率が高いようです。日本でもエコの関心が高くなってきており、次世代は樹脂サッシになると思われます。
かんたんマドリモ
YKK ap のAPW430やAPW330と言った、外窓をかんたんマドリモでお手軽にリフォーム出来ます。断熱をしたい方や結露でお困りの方・樹脂サッシにご興味をお持ちのお客様はぜひ、当店へお問合せ下さい。