硝子割れ替え パテとは  箕面市

FIX網入りパテ
こちらのお客様のご依頼はガラスの割れ替えです。マンションにお住いで、ガラスにひびが入っているので入替のご依頼を頂き現場を見に行きました。
ワイヤー入り、外が見えにくいザラザラした感じのガラスです。このガラスはヒシ型にワイヤーが入っています。このようなガラスの事をカスミヒシワイヤーガラスと言います。
このガラスは、何もぶつけていないのに経年劣化で、西日のよく当たるところでは、ヒビが入る事がまれにあります。このような現象を熱割れといいます。
パテ説明
最近のガラスはゴムのビートと言うものでサッシにはめ込んでいます。こちらのお客様のサッシはパテというもので固定されていました。
パテとは金属サッシによく昔は使用されていました。特徴は最初は粘土のように柔らかいのですが、固まるとかなり固くなり、割れ替えの時など、パテを取り除くときに
大変時間がかかります。最近では、取扱のしやすい、樹脂製のシリコンのコーキングでガラスを押さえます。

ゴムシリコン押さえ
上のパテの押さえとシリコン・ゴム押さえ
はこんな風に違います。
割れ替えのご依頼の時はガラスの押さえは、ゴム・シリコン・パテのいずれかを参考までにお聞かせ下さい。