リフォーム玄関、電池錠と電気錠があるけど、違いは何? 大阪府吹田市

電気錠
玄関を取り替える際に、電気錠と電池錠がどちらが良いのかを聞かれる事があります。今回は、その違いについて解説させて頂きます。

電池錠は、電池で作動するので、電気の配線工事が必要なく設置できるものです。配線を通すコストがかからない為、比較的取り入れやすいタイプです。電気錠は、電気配線を通し、通電させて作動するものなので、電池錠に比べて、さまざまなシステムを組み込むことも可能です。

電池、電気錠共通なのがドアやハンドルなどに設けられたボタンにかざすだけで施錠可能なタイプが現在の主流です。それに加え、電気錠はバッグなどに入れておけば、近づくだけで施開錠が可能なタイプもあります。そして、電気錠の大きな特徴は、テレビドアホンと接続して、来訪者を確認して開錠したり、室内から遠く離れた鍵を施開錠する事が可能です。

当社としては、電気工事が不要な電池錠タイプをおすすめしていますが、お客様の用途に合わせて、対応致しますので、お気軽にご相談ください。