博多。酒蔵、古い建具、その他のディティール。その2

照明1
酒蔵のショールームにちょっと珍しい光の行燈型の照明がありました。
照明2
行燈を下からのぞいてみますと、角材を複雑に組み合わせた構造です。
なんとも味のある光の正体は、この角材の組み合わせによるものでした。
照明3
その後。酒蔵の店内にある大黒柱を支えてる、角材と天井から降り注ぐ光のが同じなのを発見しました。

どうやら、あの角材の照明器具のデザインはこれがヒントになっていたようです。