軒先の側面にある板 破風板(はふいた)の話。

破風板1
先日、お寺の襖や建具等を納めさせて頂いた現場で、工務店の監督さんから屋根の側板の破風板の話をしていただきました。
破風板の意味は、文字通り「風を打ち負かす板」という意味で、雨、風の侵入を防ぐ為に取り付けられます。

破風板2
この破風板はお寺の屋根ということで、耐久性の高い桧材を使用。さらに彫刻にも意味合いがあります。
右側の模様は風に吹かれる雲を表し、
下部の3本の彫刻のミゾは刀を表し、災いから守る意味があるそうです。